印刷版   

7月29日、米国立測候所は、カリフォルニア州を襲った熱波が緩和したと発表した。写真は、猛暑で枯れたヒマワリ。24日撮影(2006年 ロイター/Mike Blake)

米カリフォルニア州、記録的な猛暑が緩和

 米国立測候所は29日、過去2週間以上にわたってカリフォルニア州を襲った熱波が緩和したと発表した。米国西部に停滞していた高気圧が東側に移動し始めたことで、海からの冷たい空気が流れ込むようになったとしている。

 同州では7月10日以降、主要農業地域であるセントラルバレーなどを中心に記録的な猛暑が続き、これまでに少なくとも126人が死亡している。また、エアコンの使い過ぎによる停電も発生していた。


[ロイター29日=ロサンゼルス]

 (06/07/30 15:41)  





■関連文章
  • 【ベルリン便り】ヨーロッパを襲った記録破りの熱波(06/07/29)
  • 米カリフォルニア州、暴風雨の爪痕(06/01/05)
  • 中国各地で猛暑、電力と水の供給が大ピンチ(05/07/12)
  • きらびやかなカリフォルニア州の花々(05/07/01)
  • 猛暑、中国各地で授業時間短縮(05/06/27)