印刷版   

7月11日、ヒル米国務次官補が北京入り、武大偉・中国外務次官と会談するもよう。10日撮影(2006年 ロイター/Toshiyuki Aizawa)

ヒル米国務次官補が北京入り、武大偉・中国外務次官と会談するもよう

 先週の北朝鮮によるミサイル発射問題で外交的な解決策を見つけようとする取り組みが進められる中、6カ国協議で米国首席代表を務めるヒル国務次官補(東アジア・太平洋担当)は11日、緊急に北京入りした。

 国連安全保障理事会は、中国訪朝団が北朝鮮を説得する時間を設けるため、対北朝鮮制裁決議案の採決を延期した。

 中国の武大偉外務次官(アジア地域担当)は11日、平壌から北京に戻っており、現地でヒル米国務次官補と会談するとみられている。

 10日から6日間の北朝鮮訪問を開始した回良玉・中国副首相はまだ平壌にとどまっているもよう。

 一方、北朝鮮の楊亨燮最高人民会議常任副委員長は北京入りした。新華社によると、5日間の北京滞在中に中国の胡錦濤国家主席らと会談するとみられている。


[ロイター11日=北京]

 (06/07/11 16:26)  





■関連文章
  • 中国は北朝鮮にしっかり働きかけを=対北制裁決議の採決延期で官房長官(06/07/11)
  • 中国、北朝鮮ミサイル発射に関する国連安保理の議長声明案を提示(06/07/11)
  • 中共政権の影響は北朝鮮問題を解決する最大な障害=中国問題の専門家(06/07/11)
  • 北朝鮮ミサイル発射、国際社会の強い意思表明が重要=官房長官(06/07/10)
  • 韓国、まだ北朝鮮制裁決議案を支持する態勢にない=政府高官(06/07/10)
  • 北朝鮮制裁決議案、採択に必要な票は確保=米国務次官(06/07/10)
  • 北朝鮮:ミサイル発射で、中共を窮地に(06/07/09)
  • 北朝鮮のミサイル発射、中共が黒幕(06/07/08)
  • 国連安保理で対北朝鮮決議案を協議、制裁には中ロが難色(06/07/07)
  • ミサイル発射受け国際社会は反北朝鮮で結束=米国務次官補(06/07/06)
  • 国連安保理が北朝鮮ミサイル発射で緊急協議、非難決議案を日本が策定(06/07/06)
  • 林保華:北朝鮮の後ろ盾・中共を摘発すべき(06/07/06)
  • 北朝鮮による7発目のミサイル発射、情報は受けている=首相(06/07/05)
  • 北朝鮮のミサイル開発中止・廃棄・輸出停止を求める=官房長官(06/07/05)
  • 北朝鮮のミサイル発射、国連安保理付託を検討=米国(06/07/05)