印刷版   

7月24日、安倍官房長官、自民党総裁選に関する世論調査で独走状態になっていることについて聞かれ、職責をしっかり果たすことに全力を尽くしたい、と述べるにとどめた。昨年10月撮影(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)

職責をしっかり果たすことに全力=自民総裁選で官房長官

 安倍官房長官は午前の記者会見で、9月の自民党総裁選で対抗馬と目されていた福田元官房長官が不出馬を表明したことに関連し、世論調査で安倍氏が独走状態となっていることについて聞かれ「官房長官という職責をしっかり果たすことに全力を尽くしたい。(国民の)期待に応えるためにも職責をまっとうしたい」と述べるにとどめた。

 福田氏の不出馬表明については「ぜひとも出馬してほしいとの期待感が(党内外から)高まる中で、本当の気持ちをはっきりさせた方がいいと思ったのではないか」と説明、選挙の見通しについて「今後、有力な候補者が名乗りを上げれば、政策論争中心の、新生・自民党にふさわしい総裁選になるのではないか」との見方を示した。

(ロイター7月24日=東京)

 (06/07/24 15:37)  





■関連文章
  • 自民東京ブロック大会に出席へ、目指す社会などを説明したい=安倍官房長官(06/07/20)
  • G8サミットの対北メッセージは大きな成果、追加措置も検討=官房長官(06/07/18)
  • 制裁視野の決議案採択すべきとの考えに変わりない=中ロの北朝鮮決議案で官房長官(06/07/13)
  • 中国は北朝鮮にしっかり働きかけを=対北制裁決議の採決延期で官房長官(06/07/11)
  • 北朝鮮のミサイル開発中止・廃棄・輸出停止を求める=官房長官(06/07/05)
  • 日本政府:平成17年度分の対中円借款、閣議決定先送り(06/03/24)