印刷版   

8月10日、ハワード豪首相は同国の低失業率は利上げの理由にはならないと述べた。7月撮影(2006年 ロイター/David Gray)

オーストラリアの低失業率、利上げの理由にならず=豪首相

 オーストラリアのハワード首相は10日、同国の失業率が低いことは利上げの理由にはならないと述べた上で、中央銀行は賃金の伸びをより懸念している、との認識を示した。

 同首相は記者団に対して「低い失業率そのものは利上げの理由にはならない。関連要因は賃金上昇のインフレへの寄与だ」と述べた。

 豪統計局によると、7月の失業率は4.8%に低下し、ほぼ30年ぶりの低水準となった。就業者数は5万0700人増で予想を上回った。

(ロイター8月10日=キャンベラ)

 (06/08/10 15:31)  





■関連文章
  • 米FRBが金利据え置き、インフレ次第で再利上げに含み(06/08/09)
  • 日本人女性留学生、豪州で逮捕=恐喝容疑で(06/08/04)
  • ECBが利上げ、総裁はインフレを「非常に注意深く監視」とし10月利上げ示唆(06/08/04)
  • 英中銀が2年ぶりに利上げ、インフレが当面目標上回ると予想(06/08/04)
  • ECBは年内に少なくとも3.25%まで利上げ─中銀筋=MNSI(06/08/01)
  • 6月完全失業率は4.2%に上昇、女性の新規求職増で(06/07/28)
  • 現代中国経済に見られる「四つの怪奇現象」(06/07/21)
  • 豪失業率は予想以上の低水準で推移=財務相(06/07/13)
  • 5月の米コアCPIが予想上回る+0.3%、追加利上げの公算高まる(06/06/15)
  • サッカー=日本が黒星スタート、豪州に痛恨の逆転負け(06/06/13)
  • ECB、政策金利の買いオペ金利を0.25%ポイント引き上げ2.75%に(06/06/09)
  • 米、日、豪3国の閣僚会議、中共の軍事拡張問題が中心(06/03/17)
  • アジア環太平洋地区、ハンスト・リレー相次ぐ(06/02/16)
  • 豪州:元中共外交官と法学教授、「中共暴政を糾弾するハンスト・リレー」に参加(06/02/11)
  •  ビンラディンがすでに病死? 反テロ専門家が推測(06/01/18)