印刷版   

NY市場サマリー(14日)

(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   116.63/66

       始値   116.65/68

   前営業日終値   116.30/33

ユーロ/ドル 終値   1.2720/24

       始値   1.2715/18

   前営業日終値   1.2717/23

30年債(2130GMT)    90*20.50(‐0*09.00)=5.118%

前営業日終盤    90*29.50(‐0*10.00)=5.098%

10年債(2130GMT)    99*00.50(‐0*06.50)=5.001% 

 前営業日終盤    99*07.00(‐0*09.00)=4.975%

 2年債(2130GMT)    99*31.00(‐0*02.25)=5.016%

     前営業日終盤   100*01.25(‐0*02.50)=4.978%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値     11097.87(+ 9.84)

   前営業日終値    11088.03(‐36.34)

ナスダック総合

     終値      2069.04(+11.33)

   前営業日終値    2057.71(‐14.03)

S&P総合500種指数

     終値     1268.21(+1.47)

   前営業日終値    1266.74(‐5.07)

COMEX金(12月限)(ドル/オンス) 639.30(‐5.10)

     前営業日終値        644.40(‐1.60)

原油先物(9月限)(ドル/バレル)   73.53(‐0.82)

     前営業日終値         74.35(+0.35)

CRB商品指数 (ポイント)   338.82(‐5.71)

     前営業日終値     344.53(‐3.50)

------------------------------------------------------------------

 <為替> 薄商いの中をドルが対ユーロでほぼ横ばい。午前の取引での下げから戻した。トレーダーの間では、週内発表の米インフレ指標が、連邦準備理事会(FRB)の利上げ再開につながる内容になるのではないかという見方が広がった。

-------------------------------------------------------------------

 <債券> 続落、利回りは2週間ぶりの高水準を付けた。レバノン停戦を受けこれまで安全資産として買っていた向きによる巻き戻しや、今週発表されるインフレ指標に対して警戒する動きが見られた。

-------------------------------------------------------------------

 <株式> 小反発。序盤には急上昇していたが、その後上げ幅を縮めた。序盤では原油価格の下げや、レバノン停戦発効を受けてリスクが高い資産への懸念が緩和されたことが手掛かりにされていた。

--------------------------------------------------------------------

 <金先物> レバノン停戦の報に「安全資産」としての買い意欲が後退した。国連安全保障理事会の決議に基づき、イスラエル軍とレバノンのイスラム教シーア派武装組織ヒズボラとの停戦が同日発効、この報を受けて前週末引値を大幅に下回る水準で寄り付いた。その後は米経済指標の発表など手掛かり材料に乏しい中、ドル相場の動きを眺めて一進一退の展開。午後に入って、いったん下げ幅を大きく縮める場面もあったが、引けにかけて再び売りが優勢となり、マイナス圏のまま取引を終えた。

--------------------------------------------------------------------

 <原油先物> レバノンとイスラエル間の停戦維持を確認して供給懸念が後退し、反落した。米国産標準油種WTIの中心限月9月物は終値ベースでは約2週間ぶりの安値。


(ロイター8月15日=東京)

 (06/08/15 07:38)  





■関連文章
  • NY市場サマリー(10日)(06/08/11)
  • NY市場サマリー(9日)(06/08/10)
  • NY市場サマリー(8日)(06/08/09)
  • NY市場サマリー(7日)(06/08/08)
  • スーダン・ダルフールの大量虐殺、中共が助長=NYT紙(06/08/07)
  • NY市場サマリー(3日)(06/08/04)
  • NY市場サマリー(2日)(06/08/03)
  • NY市場サマリー(1日)(06/08/02)
  • NY市場サマリー(31日)(06/08/01)
  • NY市場サマリー(27日)(06/07/28)
  • NY市場サマリー(25日)(06/07/26)
  • NY市場サマリー(20日)(06/07/21)
  • FRB議長証言で金融市場落ち着く、波乱の芽は消えず(06/07/20)
  • NY市場サマリー(19日)(06/07/20)
  • NY市場サマリー(18日)(06/07/19)