印刷版   

予想比弱めのCPI受けて円売り=東京外為市場

 朝方の東京外為市場で、7月の全国消費者物価指数(生鮮食品除くコアCPI)の前年比伸び率が予想よりも低かったことを受けて円が売られた。

 ドル/円は指数発表前の116.46/50円から116.60円まで上昇。ユーロ/円も148.54/61円から148.82円まで上昇した。

 [ロイター8月25日=東京]

 (06/08/25 09:55)  





■関連文章
  • 7月米コアCPIは前月比+0.2%と予想下回る(06/08/17)
  • 5月全国消費者物価は前年比+0.6%=総務省(06/06/30)
  • 5月の米コアCPIが予想上回る+0.3%、追加利上げの公算高まる(06/06/15)
  • 中国経済の現状と展望 その七(06/04/26)