台湾、チャドと外交関係を断絶 背景に中共の圧力=台湾外交部

2006/08/08 12:35
 【大紀元日本8月8日】台湾外交部は6日、中共の圧力に屈して中国と国交を回復するチャドと、外交関係を断絶すると緊急声明した。中共政権は長い間スーダンを通じて、チャド国内の反政府軍を支援し続け、チャド政府に圧力を掛けてきたと同部は指摘。台湾の行政院(台湾の最高行政機関)院長・蘇貞昌氏は同夜からチャド共和国を訪問する予定だった。

 台湾政府関係者によると、チャドのデビー大統領がその前日、陳水扁大統領へ外交断絶の書簡を出したという。書簡には、長い間台湾によるチャドへの支援を感謝すると述べ、国家生存のために、今回の苦渋の決断を下したと説明、これからも台湾と民間の友好関係を保ち、非政府ルートの交流を持続することを期待するという。

 政府関係者は、今回の台湾とチャドの国交断絶の背景には、中共政権によるチャド内政の干渉とエネルギー問題が絡んでいると分析。▽中共政権は、長い間スーダンを通じて、チャド国内の反政府軍を支援し続けてきた。この火種をなくし、政権を維持するために、デビー大統領は中共政権と国交を締結する道を選んだ。▽2003年からチャドは、石油の輸出国となり、そのため、多くの国はチャドとの関係改善に動き出している。一方、中共政権は、今年上半期の石油の購入量は前年同期と比べ50%も増加した。中共政権は経済援助や、石油利権などで、チャドを丸め込んでいる。 

 台湾と国交を締結していた国は、最も多い時に60カ国を超えていたが、中共政権の様々な影響により、今では24カ国しか残っていない。

 呂秀蓮・副総統は、中共政権は手段を選ばず、台湾の外交を潰そうとしている。国際社会は、このような中共政権の卑劣な本質を認識すべきと非難した。

 国民党の党首、台北市長・馬英九氏は、今回の出来事は、台湾と中共政権が国際舞台で競争した結果で、中国は近年経済や、国力が急発展したため、台湾への強い圧力となっていると指摘し、窮地を突破するには両岸関係の改善に取り込むべきと述べた。

 一方、民進党の党首・遊錫ホウは、台湾の親中派に対し、「台湾がいくら中共に善意を示しても、両岸関係の状況を変えることはできない」と警鐘を鳴らし、「馬英九氏は、中共政権による台湾への打圧に対し、いつも行動を起さず、口を堅く閉ざしている」と批判、このような台湾の主権を侵害することを無視するのは、人民の抗議と不満をもたらすとけん制した。

 行政院・大陸委員会の呉_jian_燮・主任委員は、「中共政権は、外交問題で力を尽くして台湾に恥をかかせる一方、台湾にパンダを贈呈したいことや、台湾と政党交流を深めたいこと、台湾人民の国際参与に協力したいなどと宣伝している。このような中共の言動は非常に風刺的で、荒唐無稽だ」と指摘し、台湾各界に対し、中共政権の隠された素顔を認識し、中共に期待してきた幻想を捨て、各政党は権力闘争を止め、一致団結して、台湾の尊厳と利益を堅く守るよう呼びかけた。

 台湾聯合会の事務局長・羅志明氏は、台湾政府は、経済援助を前提とする国交のある国家との外交関係を全面的に見直し、米国や日本などの実質的な貿易パートナーとの外交関係の強化に更なる努力を注ぐべきと提言した。

関連記事
注目記事
^