印刷版   

米原油先物が上昇、BPの米油田一時操業停止で

 7日のアジア取引時間帯の取引で米原油先物が1%近く上伸した。英BPが米アラスカ州プルドー湾の油田を一時操業停止にしたことが材料視された。  0217GMT(日本時間午前11時17分)現在、米原油先物は72セント高の1バレル=75.48ドル。ロンドンの北海ブレント原油先物は60セント高の76.77ドル。

 中東からの供給に対する懸念も、原油先物の支援材料になっているという。

 BPは6日、プルドー湾の油田の操業を一時停止すると発表した。油送管に深刻な腐食と小さな原油漏れを発見したための処置。これによって日量40万バレルの生産が減少する見通し。

 スポークスマンは生産停止がどの程度長引くかについてはコメントしなかった。

(ロイター8月7日=シンガポール)

 (06/08/07 12:34)  





■関連文章
  • 米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官(06/08/04)
  • 原油高の米経済への影響は現時点で限定的=エネルギー長官(06/08/03)
  • 原油高、国民生活に影響与える物価高に結びつき始めた=与謝野担当相(06/08/01)
  • NY原油先物が時間外取引で最高値更新、1バレル=78.40ドル(06/07/14)
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)
  • 原油価格が40―45ドルを下回ることはない=イラク石油相(06/06/10)