印刷版   

8月14日、米原油先物は、アジアで始まった取引で1%近く下落、1バレル=74ドルを割り込んだ。写真は7月、中東の原油ターミナル(2006年 ロイター/Fatih Saribas)

米原油先物が73ドル台に反落、イスラエル・レバノン停戦合意などで

 米原油先物は、アジアで始まった14日の取引で1%近く下落、1バレル=74ドルを割り込んだ。イスラエルとレバノンの停戦合意が成立したことや、英BPが米アラスカ州油田の一部操業継続を決めたことが原油相場の下げ材料となっている。

 米原油先物は2205GMT(日本時間14日午前7時05分)現在、73.60ドル。上昇して引けた前週末のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)から0.75ドルの反落となっている。

(ロイター8月14日=シンガポール)

 (06/08/14 08:06)  





■関連文章
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • イスラエル軍がレバノン空爆継続、64人死亡(06/07/20)
  • イスラエル軍のレバノン空爆継続で31人死亡、ヒズボラも応戦(06/07/19)
  • イスラエルの空爆受け、多数の外国人がレバノンから脱出(06/07/18)
  • ライス米国務長官、中東訪問の意向=国務省(06/07/18)
  • イスラエル、人質解放されるまで攻撃を継続=オルメルト首相(06/07/18)
  • 持続的な景気回復のため金融面から経済支援を=日銀決定会合で谷垣財務相(06/07/14)
  • 米著名投資家:原油価格は1バレル100ドル超に上昇へ(06/07/07)
  • 原油価格はユーロ圏経済・インフレ双方にリスク=オーストリア中銀総裁(06/07/06)
  • イラン、ウラン濃縮停止は交渉の上でのみ検討(06/06/23)
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • イラン核問題、ポジティブな雰囲気が合意への道開く可能性=モッタキ外相(06/06/19)
  • 原油価格が40―45ドルを下回ることはない=イラク石油相(06/06/10)
  • 米フロリダ州シンポジウム:中共の台湾侵攻はあり得るのか(06/03/31)
  • 独銀行:鳥インフル感染に関連、石油価格暴落を予測(06/03/22)