印刷版   

8月9日、米俳優ロビン・ウィリアムズさんがアルコール依存症の治療を受けていることが明らかに。1月撮影(2006年 ロイター/Steve Marcus)

米俳優ロビン・ウィリアムズ、アルコール依存症の治療

 米オスカー俳優ロビン・ウィリアムズさん(55)がアルコール依存症の治療を受けていることが分かった。ウィリアムズさんの広報担当者が9日明らかにした。ウィリアムズさんは過去20年間飲酒を控えていた。

 同広報担当者は声明で、ウィリアムズさんは20年間の断酒の後「自分が再び飲み始めていること」に気づき、自分と家族の健全な生活のため未然防止策を採ることにしたと発表した。今年の秋頃の復帰を目指しているという。

 ウィリアムズさんには4日に全米公開された主演ミステリー映画「The Night Listener(原題)」のほか、年内に公開予定の出演作が3本ある。


[ロイター9日=ロサンゼルス]

 (06/08/10 15:41)  





■関連文章
  • パトリック・スウェイジ、窮地の友メル・ギブソンを擁護(06/08/08)