印刷版   

8月10日、米政府は航空機爆破計画が直接的な脅威だとして警戒水準を引き上げ。写真はJFK国際空港で警備にあたる港湾警察官(2006年 ロイター/Chip East)

米政府が警戒水準引き上げ、航空機爆破計画は直接的な脅威

 米政府は10日、英国で米国に向かう航空機の爆破計画が発覚したことから、旅客機に対する警戒水準を引き上げるとともに、液体の機内持ち込みを禁じた。

 スノー大統領報道官は、爆破計画が米国にとって「直接的な脅威」であり、「米国と英国を深刻に脅かすものだ」という声明を発表した。

 米国土安全保障省のチャートフ長官は、捜査が続いており決定的な結論を下すことはできないとしながらも、今回の爆破計画にアルカイダが関与している可能性があると述べた。

 同長官は記者会見で「今回の計画は英国が中心だったが、技術的に高度で多数の者が関与しており、国際的なレベルのものだ」と指摘。計画は最終段階に入っていたと述べた。米英では厳重な体制をとっており、米国での航空機利用は安全だとする考えも示した。

 チャートフ長官は、米国が英国に航空警察官を派遣し、米国に向かう英国発航空機の爆破を防ぐため安全保障を強化する方針も明らかにした。

 米連邦捜査局(FBI)のモラー長官は、爆破計画が米国内で進められたことを示す証拠はないとしている。

 ある政府高官によると、ブッシュ大統領は、数日前から捜査について把握しており、定期的に報告をうけているほか、逮捕者が出ていることも認識している。同高官は、英国発の民間航空機に対する警戒水準を最も高い「レッド(シビア)」に引き上げたことについて、英米間で緊密な連携をとったと述べた。

 国土安全保障省は、英国発の民間航空機に対する警戒水準を最高水準に引き上げたことは、前例のない措置としている。

 同省は、米国内便もしくは英国発以外の全ての米国行き民間航空機に対する警戒水準についても「イエロー(エレべーテッド)」から「オレンジ(ハイ)」に引き上げた。

 英警察関係筋が、航空機爆破に「液状化学物質」の使用が計画されていた可能性があることを明らかにしたことから、飲料、ヘアジェル、ローションを含むすべての液体を機内に持ち込むことを禁じた。

 カナダも米英と連携し、すべての旅客機についてジェルなどの液体の持ち込みを禁止したほか荷物検査を厳格化し、空港の安全保障を強化した。

 米情報機関当局者によると、計画に使用され、機内に持ち込まれる予定だった爆発物は液体、またはゼリー状の精巧なもので、時計、ノート型パソコンあるいは計算機に入れられた乾電池で起爆するとみられている。

 国土安全保障省のウェブサイトでは、米国全土に対する警戒水準は引き続き「イエロー」。

 米政府関係者は匿名を条件に、米英を結ぶユナイテッド航空、コンチネンタル航空、アメリカン航空の航空機が標的になっていたと述べた。

 米国内の空港では、旅行者の長蛇の列ができている。

(ロイター8月10日=ワシントン)

 (06/08/11 09:50)  





■関連文章
  • 米国土安全保障省、民間航空機の警戒水準を「オレンジ」に引き上げ(06/08/10)
  • トヨタ「レクサス」、米品質ランキングで12年連続首位(06/08/10)
  • レバノン停戦決議案、安保理による早期採択を望む=ブッシュ米大統領(06/08/08)
  • ポールソン米財務長官、中国経済当局者と今秋に会談予定=報道官(06/08/08)
  • 米アラスカ州油田の操業再開、数カ月要する可能性も=BP幹部(06/08/08)
  • 北朝鮮やロシアなど4カ国の企業7社に制裁措置=米国務省当局者(06/08/06)
  • 米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官(06/08/04)
  • 米フォードがM&A専門家を採用、金融子会社売却の観測強まる(06/08/03)
  • 7月米自動車販売は米メーカーが大幅減、小型車人気でアジア勢快走(06/08/02)
  • 強いドルは米国の利益、中国は一段の為替柔軟性必要=ポールソン財務長官(06/08/02)
  • 米地区連銀総裁ら、利上げ局面は終了間近と示唆(06/08/01)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • 東大名誉教授・小堀桂一郎氏、「靖国問題は、日中摩擦の原因ではなく結果」(06/07/24)