印刷版   

中国国家情報センター、資産価格上昇によるリスク警告

 中国政府のシンクタンクである国家情報センターは22日、中国市場の過剰流動性が投資の過熱を招くとともに、資産価格の継続的な上昇をもたらしており、経済や社会の安定を脅かす可能性があると警告した。

 上海証券報が掲載した同センターの報告によると、第1・四半期末時点の中国の流動性は全体で前年同期比93.4%増の1兆9200億元(2410億ドル)となった。こうした流動性の急増により、投資熱が極端に高まり、不動産や貴金属、株式などの資産価格が上昇しているという。

 同センターは「過剰なマネーが資産価格を押し上げ、次には価格上昇が資産への投資をさらに呼び込むといったサイクルになっている」と指摘。中国政府は、引き締め気味の金融政策の採用や人民元為替レートの柔軟性拡大、外国為替市場の改革の加速によって流動性を抑制すべき、との見解を示した。

 7月の中国の消費者物価指数(CPI)上昇率は前年同月比1.0%となり、6月の1.5%から鈍化した。しかし同センターは、一部の重要な資産はCPI指数ではカバーされていないとも指摘し、「資産価格を金融政策を決定する上での参照事項の一つにすべきだ」と述べた。


[ロイター22日=上海]

 (06/08/22 17:16)  





■関連文章
  • 中国銀監会委員長、エネルギーや鉄鋼産業などを金融のリスクとして警告(06/08/14)
  • 中国銀監会委員長、銀行に与信リスクの拡大を警告(06/07/14)
  • 金融リスクを上回る、中共地方政府の債務(06/07/08)
  • 東京株式市場・寄り付き=続落、米株安や地政学的リスクで(06/07/06)
  • 北朝鮮のミサイル発射で円売り、リスク資産回避の動きも(06/07/05)
  • 人民元改革や資本規制で中国の銀行のリスクが増大=銀監会委員長(06/06/23)
  • 中国の銀行、貸し出しリスク抑制に努めるべき=当局者(06/06/22)
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)
  • 中共、政治関与問題で、新枢機卿の陳司教に警告(06/02/25)
  • 【インタビュー】何清漣:人民元切り上げに踏み切った原因及び中国経済に与える影響(05/08/03)
  • IDC社:11項目にわたる中国とインドへの投資リスク(05/05/20)
  • 専門家の警告:もし新型インフルエンザの爆発が起これば、数億人の死者が出る可能性も(05/05/11)