印刷版   

米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官

 イランのモハンマディ外務次官は3日、核問題をめぐり米国がイランへの制裁を推進すれば、世界的に原油価格が1バレル=200ドルまで上昇する可能性があると警告した。

 モハンマディ外務次官はベネズエラ国営テレビで「制裁による最初の帰結として、原油価格が1バレル=200ドル付近まで上昇することになるだろう」と述べた。


(ロイター8月3日=カラカス)

 (06/08/04 07:41)  





■関連文章
  • 北朝鮮、イランとミサイル開発で協力=韓国(06/08/03)
  • 米フォードがM&A専門家を採用、金融子会社売却の観測強まる(06/08/03)
  • 原油高の米経済への影響は現時点で限定的=エネルギー長官(06/08/03)
  • 7月米自動車販売は米メーカーが大幅減、小型車人気でアジア勢快走(06/08/02)
  • 強いドルは米国の利益、中国は一段の為替柔軟性必要=ポールソン財務長官(06/08/02)
  • 原油高、国民生活に影響与える物価高に結びつき始めた=与謝野担当相(06/08/01)
  • 米地区連銀総裁ら、利上げ局面は終了間近と示唆(06/08/01)
  • 国連安保理がイラン制裁警告決議を採択、8月末までの核開発停止求める(06/08/01)
  • 米マイクロソフト、EU競争法違反問題で文書提出=EU当局(06/07/31)
  • ライス米国務長官、週内にレバノン停戦の実現可能との見解示す(06/07/31)
  • 米国務長官がレバノン訪問を取り止め、イスラエル軍の空爆受け(06/07/31)
  • パレスチナ建国に引き続き焦点合わせる必要=米国務長官(06/07/26)
  • 東大名誉教授・小堀桂一郎氏、「靖国問題は、日中摩擦の原因ではなく結果」(06/07/24)
  • イスラム過激派と結託する中共外交(06/07/24)
  • イラン、核問題でスイスに国際会議主催要請=スイス紙(06/07/24)