印刷版   

8月12日、来週のニューヨーク市場は7月の消費者物価指数(CPI)に最も注目が集まるとの見方が。写真は先月28日、NY証券取引所で撮影(2006年 ロイター/Chip East)

来週のNY市場、7月CPIが最大の注目点

 14日から始まる週のニューヨーク市場は、7月の消費者物価指数(CPI)が最も注目されている。連邦準備理事会(FRB)は8日、約2年に及んだ金融引き締めの休止を決定、経済成長は今後鈍化するとの見方を示した。16日発表のCPIの数字でFRBの見通しが試されることになる。

 インフレ圧力が一段と高まればFRBに対する信任が揺らぐことになる、との指摘もある。バークレイズ・キャピタルのグローバル為替戦略部門の代表、デビッド・ウー氏はリサーチノートで「現時点で一段のインフレ圧力の高まりが確認されれば、FRBの信任に対する疑問が高まり、ドル安圧力につながる」と指摘している。

 15日発表の7月の卸売物価指数(PPI)や6月の対米証券投資の数字も注目されている。

 当局者発言では、ダラス地区連銀のフィッシャー総裁の講演が16・17日に予定されている。[東京 12日 ロイター] 

 (06/08/12 12:49)  





■関連文章
  • 米FRBが金利据え置き、インフレ次第で再利上げに含み(06/08/09)
  • 6月全国消費者物価(除く生鮮)は前年比+0.6%(06/07/28)
  • エネルギー関連デリバティブ、規制強化不要=米FRB議長(06/07/28)
  • ロイター調査:8月利上げの確率、ECB90%・FRB60%(06/07/26)
  • 米国債投資家、FRB議長証言後も姿勢変えず=調査(06/07/26)
  • 安全保障、投資抑制の理由とする場合は慎重に=FRB議長(06/07/21)
  • インフレ高進リスクあるが物価圧力は今後抑制へ=米FRB議長(06/07/20)
  • 世界的な金利上昇、安定維持の必要条件=米FRB副議長(06/07/07)
  • 米FRBが0.25%利上げ(06/06/30)
  • バーナンキFRB議長、グリーンスパン前議長よりも市場の変動要因に=調査(06/06/23)
  • 中国は引き続き世界的な原油需要の主要因=前FRB議長(06/06/08)
  • 米経済にスタグフレーション懸念、FRBはジレンマに(06/06/05)