印刷版   

イラン、包括案への回答は「前向き」=ラリジャニ氏

 イランは24日、同国核問題解決への包括見返り案に対する自国の回答は「前向きなもの」だと擁護した。米独などは同回答が不十分だと指摘している。

 イラン最高安全保障委員会のラリジャニ事務局長は、イラン国営通信(IRNA)に「イランは回答すると約束していた日に前向きな姿勢の回答を提示した。われわれは全ての問題解決を目的に包括見返り案の全体に注意を払った」と述べた上で、あらためて「本格協議」の実施を要請した。

 イラン核関連活動停止への包括見返り案を提示した国連安保理常任理事国5カ国とドイツのうち、米国とドイツはイラン側回答への不満を表明している。

 イランの回答の内容は公開されていないが、メルケル独首相は24日、テレビでのインタビューで「満足できるものではない。『ウラン濃縮を停止し、交渉の席につく』という決定的な一文が回答に明記されていない」と述べた。

 [ロイター24日=テヘラン]

 (06/08/25 12:45)  





■関連文章
  • イランの回答、安保理の要求満たさぬ不十分な内容=米報道官(06/08/24)
  • 米国の制裁で中国「長城航空」が運休(06/08/22)
  • ウラン濃縮は停止せず、22日までに包括案に正式回答=イラン(06/08/21)
  • 米原油先物が反発、イランの核問題めぐる懸念再浮上で(06/08/18)
  • イランが核活動停止しない場合、国連の迅速な対応を期待=米国務次官(06/08/18)
  • イランは武装勢力への支援を止めなければならない=米大統領(06/08/15)
  • イラン、国連決議に反発し核開発の拡大を宣言(06/08/07)
  • 米国が制裁を推進すれば原油が200ドルまで上昇の可能性=イラン外務次官(06/08/04)
  • 北朝鮮、イランとミサイル開発で協力=韓国(06/08/03)
  • 国連安保理がイラン制裁警告決議を採択、8月末までの核開発停止求める(06/08/01)
  • イスラム過激派と結託する中共外交(06/07/24)
  • イラン、核問題でスイスに国際会議主催要請=スイス紙(06/07/24)
  • イラン核問題、安保理決議案の非公式協議は物別れ=米国連大使(06/07/20)
  • 7・5ミサイル案件以降、平壌当局「四つの不可思議」(06/07/19)
  • ブッシュ大統領が訪独、米独関係親密化(06/07/14)