印刷版   

アラスカとナイジェリア油田の供給問題、今は対処可能=IEA

 国際エネルギー機関(IEA)は11日、アラスカとナイジェリアの油田で日量100万バレル程度、生産が減少していることについて、世界は今のことろこの問題に対処できるとの認識を示した。同時に、石油輸出国機構(OPEC)産原油への需要は、今四半期に日量60万バレル増加する、との見通しを示した。

 IEAは、月次報告書で「市場は当面、現在の供給減に対処できるものの、ハリケーンシーズンなど生産に脅威となる要因も多いことから、川上の余剰生産力という緩衝材は薄い状態が続くだろう」と指摘した。

 IEAは「プルドー湾の供給減は大きな問題ではあるが、サウジアラビアや米戦略石油備蓄(SPR)、精製業者の在庫がトレンドを上回っていることなど、それを相殺できる可能性はある」との認識を示した。

 英BPの米アラスカ州プルドー湾油田の生産が滞っていることを背景に、IEAは、2006年の非OPEC諸国の供給見通しを日量22万バレル引き下げたほか、07年は日量3万バレル下方修正した。

 今年と来年の世界の石油需要見通しは、前回の報告から据え置いた。

 [ロイター8月11日=ロンドン]

 (06/08/11 18:13)  





■関連文章
  • 中国海洋石油、「春暁」ガス田は生産段階との記載をサイトから削除(06/08/08)
  • 米アラスカ州油田の操業再開、数カ月要する可能性も=BP幹部(06/08/08)
  • ナイジェリアの空港で逮捕の男、コカイン48袋を「排出」(06/07/27)
  • 中国、戦略石油備蓄管理の専門機関設置を計画=新聞(06/07/20)
  • 世界の石油需要、中国・インドの伸びで加速=IEA中期見通し(06/07/13)
  • 6月のロシア原油生産量、旧ソ連崩壊後の最高を更新(06/07/03)
  • 中共:ロシアのエネルギー、市場獲得作戦(06/06/27)
  • 2030年の中国の石油消費量、03年の約3倍に=EIA(06/06/21)
  • OPEC、下半期のOPEC原油需要見通しを上方修正(06/06/20)
  • 中共・温家宝首相、アフリカ歴訪、資源外交を開始(06/06/19)
  • ナイジェリア石油施設で外国人従業員8人誘拐(06/06/03)
  • サッカー=チェルシー、ナイジェリア代表MFミケル獲得へ(06/06/03)
  • 陳水扁・台湾総統:中国民主化こそ、両岸と世界に永久平和(06/05/14)
  • ナイジェリアで石油爆発事故、300人以上が死亡       (06/05/13)
  • 陳総統:帰路は米国経由せず、抑圧を緩和し、台湾の国益を守る(06/05/11)