【ベルリン便り】ベルリンの新しい玄関口 -ベルリン中央駅-

2006年08月12日 21時31分
 【大紀元日本8月12日】1989年に東西ベルリンを分けていた壁がなくなり、一つの町になって17年、ようやく首都、大ベルリンの中央駅が完成した。新駅は、かつての東西ベルリン国境近く、首相官邸や議事堂など統一ドイツの行政地区の入り口に位置する。落成式は5月26日、メルケル首相を迎えて盛大に行なわれた。

 
ベルリン中央駅(大紀元)

地上二階、地下二階、総ガラス張りの駅ビルには、全ての階に自然光が入り、開放感がある。レストラン、各種ショップからブティックまで、旅行者のニーズに応えるだけでなく、新しいショッピングモールとして、ベルリンっ子の生活の場にもなっている。最上階には、ベルリン市街から、近郊から、近距離電車が発着する。また、下の階からは遠距離列車、国際列車が東西南北4方向に出発して行く。

(ベルリン記者=門脇)


関連キーワード
^