印刷版   

ソニー製電池を搭載した米デルのノートPC、国内で2件出火=経産省

  経済産業省は24日、ソニー製リチウムイオン電池を搭載した米デルのノートパソコンが異常発熱し、出火するというトラブルが国内でも2件あったと発表した。ソニーとデルに対し、事故原因の究明と再発防止策を報告するように求めた。

 パソコンメーカー世界最大手であるデルは8月14日、ノートパソコン用電池410万個を回収すると発表していた。

 経産省によると、出火事故は2005年10月に東京都、06年6月に大阪府で起きた。経産省は2社以外のパソコンメーカーと電池メーカーについても、業界団体の電子情報技術産業協会(秋草直之会長)と電池工業会(石田徹会長)を通じて調査・報告を求める。リチウムイオン電池の安全性確保を検討するために、電池・蓄電技術の専門家による検討委員会も設置する。

[ロイター24日=東京]

 (06/08/24 20:32)  





■関連文章
  • 独ベルテルスマン、ソニーBMG持ち分の一部売却を検討(06/07/05)
  • ソニー、フラッシュメモリー搭載の小型パソコンを7月3日発売(06/06/27)
  • ソニー、次世代機「プレステ3」も全世界生産出荷累計1億台を目指す(06/06/22)
  • 湖北省、環境汚染反対行動が武力で鎮圧(05/12/26)
  • 米・脱党集会:カンボジア系指導者、中共脱党を支持(05/12/24)
  • ハンス・クリスチャン・アンデルセン生誕二百年(05/11/07)
  • ソニー、「プレイステーション2」のACアダプターをリコール(05/09/24)
  • 珠江デルタの国内便が運行停止、軍事演習か(05/09/22)
  • 米国で燃料電池駆動貨物車デビュー(05/04/16)