印刷版   

NY市場サマリー(7日)

 
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   116.44/46

       始値   116.30/33

   前営業日終値   116.63/66

ユーロ/ドル 終値   1.2730/36

       始値   1.2733/35

   前営業日終値   1.2802/07

30年債(2130GMT)    93*06.50(+0*04.50)=4.9403%

前営業日終盤   93*02.00(‐0*08.00)=4.9499%

10年債(2130GMT)    100*20.50(+0*01.50)=4.7928%

 前営業日終盤 100*19.00(‐0*03.50)=4.7988%

 2年債(2130GMT)    100*03.00(‐0*00.50)=4.8241%

     前営業日終盤 100*03.50(‐0*00.75)=4.8159%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値         11331.44(‐74.76)

   前営業日終値    11406.20(‐63.08)

ナスダック総合

     終値         2155.29(‐12.55)

   前営業日終値    2167.84(‐37.86)

S&P総合500種指数

     終値         1294.02(‐ 6.24)

   前営業日終値    1300.26(‐12.99)

COMEX金(12月限)(ドル/オンス) 624.90(‐16.90)

     前営業日終値        641.80(‐ 5.10)

原油先物(10月限)(ドル/バレル)  67.32(‐0.18)

     前営業日終値         67.50(‐1.10)

CRB商品指数 (ポイント)   323.61(‐1.82)

     前営業日終値     325.43(‐1.65)

--------------------------------------------------------------------

 <為替> 円が全般的に上昇。ユーロに対して4週間ぶり高値をつけた。ドイツのミロー財務次官が、今月の7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)で、円の弱さについて協議するとの見通しを示したことが支援材料となった。

 <債券> ほぼ横ばい。この日はサンフランシスコ地区連銀のイエレン総裁が発言を行ったものの、20日の米連邦公開市場委員会(FOMC)で金利が据え置かれるとの市場に見方を変えるには至らなかった。

 <株式> 続落。インフレ懸念再燃に加え、住宅市場鈍化が今後、個人消費や企業業績へ影響を及ぼすとの見方が強まった。

 米サンフランシスコ地区連銀のイエレン総裁はこの日、米金融政策は追加利上げ寄りにバイアスであるべきとの見解を示した。これを受け、シティグループやJPモルガンなどの金利敏感株が売られた。

 一方、アップルコンピュータは、UBSの目標株価引き上げを受け4%高。

 <金先物> ドル高地合いなどに大幅続落し、中心限月12月物は1オンス=624.90ドルと前日終値(641.80ドル)比16.90ドル安で終了した。これは終値ベースで8月29日(619.10ドル)以来の安値。日中取引レンジは621.00―637.50ドルだった。ドル高に加え、最近の原油相場の軟化が金塊相場を圧迫した。

 <原油先物> 米国内のガソリン在庫増が嫌気され、4営業日続落して引けた。米国産標準油種WTIの中心限月10月物の終値は前日比0.18ドル安の1バレル=67.32ドル。一時は5カ月ぶり安値となる66.76ドルまで値を下げた。                       
 
[東京 8日 ロイター]


 (06/09/08 08:21)  





■関連文章
  • NY市場サマリー(6日)(06/09/07)
  • NY市場サマリー(5日)(06/09/06)
  • 日経平均が前日比で200円を超える大幅な上昇(06/09/04)
  • 東京外為市場・1日=ドル117円前半、米雇用統計前にポジション調整(06/09/01)
  • NY市場サマリー(31日)(06/09/01)
  • NY市場サマリー(30日)(06/08/31)
  • NY市場サマリー(29日)(06/08/30)
  • 米大学生、24時間2分の新記録でNY地下鉄の全駅制覇(06/08/25)
  • NY市場サマリー(23日)(06/08/24)
  • NY市場サマリー(17日)(06/08/18)
  • 06年の金の投資環境は好ましい=ワールド・ゴールド・カウンシル(06/08/17)
  • NY市場サマリー(16日)(06/08/17)
  • NY市場サマリー(15日)(06/08/16)
  • ニューヨーク・タイムズ紙:歴史の重要性、『中国の教訓』一書を推薦(06/08/16)
  • NY市場サマリー(14日)(06/08/15)