印刷版   

アルゼンチン経済に過熱の兆候=IMF専務理事

 国際通貨基金(IMF)のラト専務理事は15日、アルゼンチン経済は過熱の兆候をみせているとの見解を示した。

 専務理事は記者会見で、アルゼンチンは緩和的な金融政策を改めるべきとし、14日に発表された「世界経済見通し」に記載されている点を繰り返した。

 「われわれの見方では、アルゼンチンの場合、マクロ経済政策の路線が緩和的すぎて、強いインフレ圧力の余地を作っていると考えられる。これは、過熱の兆候と言えるだろう」と語った。

 IMFが14日発表した世界経済見通しでは、2006年のアルゼンチン経済成長率予想を前回の7.3%から8.0%に修正した。

 またインフレ率については、06年は12.3%、07年は11.4%との見通しを示した。

 [ロイター15日=シンガポール]

 (06/09/15 15:44)  





■関連文章
  • IMF、中南米地域の経済成長率見通しを引き上げ(06/09/14)
  • サッカー=W杯、アルゼンチンが準々決勝進出(06/06/25)
  • サッカー=W杯1次リーグ、アルゼンチンがコートジボワールに勝利(06/06/11)
  • 中国 “経済過熱”の冷却を開始(06/05/09)
  • 【時事冗句】羅幹のアルゼンチン視察計画(06/03/14)
  • 日銀:景気回復が続き、量的緩和金融政策解除か(06/03/08)
  • アルゼンチン、中共汚職幹部らの楽園(05/12/27)