印刷版   

9月9日、自民総裁選で安倍官房長官(写真)、谷垣財務相、麻生外相の3候補が街頭演説(2006年 ロイター/Yuriko Nakao)

自民総裁選で街頭第一声、安倍氏ら3候補が支持訴える

 自民党総裁選が8日に告示されたのを受け、安倍官房長官、谷垣財務相、麻生外相の3候補は9日夕、東京・秋葉原で初めて街頭演説し、1万人の聴衆を前にそれぞれの政策を訴えた。

 3候補はこの日夕刻、上空をゆっくりと旋回するテレビ局のヘリ5機に見守られ、選挙カーから熱弁をふるった。大本命の安倍氏は、小泉改革の継続性をアピールし、一層の構造改革が必要との考えを訴えた。社会保険庁の改革と北朝鮮問題への取り組みについて声を張り上げた。

 2番手として登場した谷垣氏は、「つけを先送りせず、社会保障を支え合う仕組みをつくらなければならない」と述べ、消費税引き上げについて説明した。また、教育問題では、弁護士時代に少年犯罪を手掛けた経験から、社会との絆(きずな)の重要性を強調した。

 また、麻生氏は「オタクの皆さんこんにちは」と笑わせ、自身の趣味でもあるマンガなどサブカルチャーがいかにアジア地域の草の根交流に貢献しているかを説明、日本の底力を再評価するよう訴えた。麻生氏は8日のテレビ番組や9日午後の立会い演説会で、教育問題に言及。マザー・テレサが「愛情」の反意語は「無関心」としており、子供に関心を持つことが教育の基本だとの持論を展開した。

 街頭演説を聞いていた40代の男性会社員は「消費税引き上げという暗い話よりも、安倍氏の美しい国の方が夢がある」と語った。一方、安倍氏の話を聞きにきたという建設コンサルタント(69才、男性)は、谷垣氏の演説に説得力があると話していた。

[東京 9日 ロイター]

 (06/09/10 13:20)  





■関連文章
  • 自民党総裁選告示で3氏が届出、本命・安倍氏の政策の中身が焦点(06/09/08)
  • 自民合同会議が貸金業法改正を議論(06/09/07)
  • 安倍氏、総裁選出馬表明、政権構想「美しい国、日本」発表(06/09/01)
  • 「安倍新政権」で柳沢氏重用の思惑、与謝野氏の後任との声も(06/09/01)
  • 安倍氏が政権構想発表、経済成長前提に歳出改革を優先実行(06/09/01)
  • 自民党総裁選で財政再建の議論深める必要=谷垣財務相(06/09/01)
  • 志は定まった=自民総裁選出馬で安倍官房長官(06/09/01)
  • 麻生外相が自民総裁選出馬表明、政策減税による経済成長に力点(06/08/21)
  • 安倍政権の幹事長候補は中川、古賀、久間、額賀の各氏=森前首相(06/08/13)
  • 自民総裁選、靖国参拝問題、方針が固めつつ=安倍・麻生・谷垣候補者(06/08/06)
  • 谷垣財務相が総裁選出馬を正式表明、小泉後継争いスタート(06/07/27)
  • 自民総裁選に出馬表明する谷垣財務相、安定感がある=小泉首相(06/07/27)
  • 自民党内の派閥、一致結束とはならない=総裁選で安倍官房長官(06/07/26)
  • 職責をしっかり果たすことに全力=自民総裁選で官房長官(06/07/24)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)