印刷版   

 9月10日、EU外交筋、イランが2か月間のウラン濃縮停止を提案したことを明らかに。写真は会談するラリジャニ最高安全保障委員会事務局長(左)と欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表。提供写真(2006年 ロイター/Bernhard Holzner)

イラン、2か月間のウラン濃縮停止を提案=EU外交筋

 イラン核開発問題をめぐり、イランの核交渉最高責任者のラリジャニ最高安全保障委員会事務局長は、欧州連合(EU)のソラナ共通外交・安全保障上級代表と週末に会談し、2か月間のウラン濃縮停止を提案した。EU外交筋が10日、明らかにした。

 イランによるウラン濃縮活動の停止を求め、西側は通商上の見返り案について話し合う予定だが、イランによる2か月間の停止案がその前に実施されるかどうかは明らかではない。

 EU外交筋は、2か月間の停止案について「インセンティブに関する交渉が始まる前に実施されるのか、それともその後なのか、開始時期について詳細は分からない」と述べた。また、米国などがウラン濃縮の長期停止を求めていることから、同案の2か月間という期間は大した譲歩にならないとの見方を示した。

 ラリジャニ事務局長に随行しているイランのソルタニエ国際原子力機関(IAEA)担当大使は、イラン国営テレビとのインタビューで、ソラナ上級代表との会談で濃縮停止案が協議されたことを否定した。

 一方、スノー米大統領報道官は「イランの方針を見極めている段階で、ソラナ代表らと協議を続けている」と語った。

 ラリジャニ事務局長とソラナ上級代表は、今回の会談について、共通の認識を見出す上で進展があったとの考えを示した。

[ウィーン 10日 ロイター]

 (06/09/11 08:37)  





■関連文章
  • 米財務省、イラン国営サデラト銀行に金融制裁(06/09/09)
  • イランが国連安保理決議に違反したと結論=6カ国高官協議(06/09/08)
  • イラン核問題、6カ国が制裁発動の可能性など協議へ(06/09/07)
  • 国際社会はイランが国連の要求を拒絶するのを静観できない=独首相(06/09/07)
  • イラン核めぐるイランとEUの協議が延期に=IAEA担当大使(06/09/07)
  • イランは核問題での交渉を希望、ウラン濃縮停止は拒否=国連事務総長(06/09/04)
  • ロシア、イランが期限内に核開発を停止しなかったことは遺憾と表明(06/09/01)
  • イラン、核開発を期限までに停止せず=IAEA(06/09/01)
  • イラン制裁めぐる協議を来週開始=米国務省報道官(06/08/31)
  • 女性初の民間宇宙旅行者にイラン系米国人実業家(06/08/28)
  • イランがペルシャ湾で潜水艦からミサイル発射、演習の一環で=国営TV(06/08/28)
  • イランの包括見返り案への回答、不満足な内容=仏外相(06/08/25)
  • イラン、包括案への回答は「前向き」=ラリジャニ氏(06/08/25)
  • イランの回答、安保理の要求満たさぬ不十分な内容=米報道官(06/08/24)
  • EU、レバノンへの部隊派遣めぐり25日に緊急外相協議(06/08/23)