印刷版   

バグダッドの宗派間抗争収まらず、1日で60遺体収容

 イラクの首都バグダッドの当局者が13日明らかにしたところによると、市内で1日に60体以上の遺体が収容された。多くは縛られて拷問を受けており、治安対策にもかかわらず宗派間の抗争が収まっていない現実を浮き彫りにした。

 13日朝方には、警察を標的にした2つの自動車爆弾で22人が死亡、76人が負傷した。

 ワシントンでは米大統領報道官が「ひどい暴力行為だ。われわれは情勢を変えるためイラク政府と連絡を取り合っている」と述べている。

 米・イラク首脳陣は、現在のイラクでの最大の脅威がフセイン旧政権がらみのイスラム教スンニ派勢力による反乱ではなく、シーア派とスンニ派の抗争であるとの認識で一致している。

 イラクのマリキ首相は、イランの最高指導者ハメネイ師と会談。地元メディアによると、ハメネイ師は14万5000人のイラク駐留米軍が直ちに撤退すべきだと主張した。

 マリキ首相も米軍の撤退を望んではいるが、イラク軍が暴力行為に十分対処できる能力をつけてからとの立場。

 国連のアナン事務総長は、中東の指導者の大半が米国主導のイラク侵攻は中東にとって災難だと主張していると指摘。ただ、多国籍軍部隊が今すぐ撤退すべきか残留すべきかについては意見が分かれているとしている。

 [ロイター13日=バグダッド]

 (06/09/14 14:54)  





■関連文章
  • イラン、イラク治安回復に全面支援を表明(06/09/13)
  • イラク、自動車爆弾などで約60人死亡(06/08/28)
  • サッカー=イラク代表監督が辞任、殺害の脅迫を受けて(06/08/02)
  • イラク各地の爆弾・銃撃で61人死亡、うち兵士が26人以上(06/08/02)
  • イラク北部のパイプラインに攻撃、原油輸出再開遅れる見通し(06/08/01)
  • バグダッド中部で自動車爆弾爆発、25人死亡・45人負傷(06/07/27)
  • イラクは対テロ戦争の中心地=マリキ首相(06/07/27)
  • バグダッドのシーア派地区で自動車爆弾が爆発、26人死亡(06/07/23)
  • バグダッドでシーア派勢力がスンニ派を銃撃、子供含む40人殺害=警察(06/07/09)
  • イラクの原油輸出量、最大で日量190万バレルに拡大=イラク石油相(06/07/05)
  • ニューヨークタイムズ紙:イラク駐留米軍、9月から撤退し始まる(06/06/28)
  • アルカイダ、駐イラク・ロシア外交官4人殺害を声明(06/06/28)
  • イラク駐留の陸自部隊、サマワより第一次撤収、クウェートに到着(06/06/27)
  • フセイン元大統領の弁護士、殺害される=イラク警察(06/06/22)
  • 小泉首相がイラクに派遣の陸自撤退を表明=公明党代表(06/06/20)