印刷版   

イラン、協議開始後にウラン濃縮活動一時停止の可能性=EU外交筋

 イランは制裁を回避するため、主要各国との協議の間、ウラン濃縮活動の停止を受け入れる可能性がある。欧州連合(EU)外交筋が11日、匿名を条件にロイターに語った。

 イランはこれまでウラン濃縮活動の停止を拒否している。だがEU外交筋によれば、同国の核交渉最高責任者であるラリジャニ最高安全保障委員会事務局長は、週末にソラナEU共通外交・安全保障上級代表と会談した際、協議が始まった後でイランが一時停止を受け入れる可能性があると伝えたという。

 この外交筋は「協議の進行中はイランは自国のプログラムを停止するだろう。(包括見返り案についての)協議は2―3カ月かかかると考えられている」と述べた。

 包括見返り案を提示した国連安保理常任理事国5カ国とドイツは、同見返り案について協議に応じることは可能だが、イランが先にウラン濃縮活動を全面停止することが条件との立場。

[ベルリン 11日 ロイター]

 (06/09/12 09:01)  





■関連文章
  • 米中間の協議、為替問題に限らず=米財務省報道官(06/09/12)
  • イラン、2か月間のウラン濃縮停止を提案=EU外交筋(06/09/11)
  • イランが国連安保理決議に違反したと結論=6カ国高官協議(06/09/08)
  • イラン核めぐるイランとEUの協議が延期に=IAEA担当大使(06/09/07)
  • ヒル国務次官補来日、北朝鮮核問題解決を促す(06/09/06)
  • 6カ国協議、北朝鮮復帰の兆候なし=ヒル米国務次官補(06/09/05)
  • イラン制裁めぐる協議を来週開始=米国務省報道官(06/08/31)
  • EU、レバノンへの部隊派遣めぐり25日に緊急外相協議(06/08/23)
  • 北朝鮮、マレーシアでの6カ国協議開催を否定(06/07/27)
  • ASEANでの北朝鮮めぐる6カ国協議実現ない見通し米国務長官(06/07/27)
  • 元北朝鮮幹部:北朝鮮はすでに「脳死状態」に陥った(06/07/24)
  • 北朝鮮の核問題めぐる6カ国協議、来週再開の可能性=マレーシア外相(06/07/20)
  • 対中外交政策は検討し直すべき=米国シンクタンク(06/07/18)
  • 中共政権の影響は北朝鮮問題を解決する最大な障害=中国問題の専門家(06/07/11)
  • 北朝鮮:ミサイル発射で、中共を窮地に(06/07/09)