印刷版   

G7では世界経済と国際金融機関の改革などを議論=谷垣財務相

 谷垣財務相は15日午前の閣議後会見で、16日にシンガポールで開かれる7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)では、世界経済全体と国際金融機関の改革、貿易開発関係などの議題が予定されていると述べた。日本としてはIMF(国際通貨基金)のクォータ配分問題などを議長国としてきちんとまとめていきたいとの考えを示した。

 15日朝に発表された9月月例経済報告で、デフレ脱却宣言が見送られたことについては「再びデフレに戻らないところまでは確認できていないため」との見方を示した。

 デフレに後戻りするかどうかのリスク要因としては「海外経済、特に米国の住宅部門の減速などが、経済にどういう影響があるかという点」などを挙げた。

 北朝鮮に対する金融制裁発動については「関係省庁で詰めてきたし、国際間で連携して準備を進めてきたが、現時点で具体的なことは決まっていない」と説明。「G7でも議論するかどうか、わからない。テロ対策で議論が出れば話すことになるが、日本からは持ち出すことはない」と述べた。

 自民党総裁選での麻生外相との主張の違いについて「麻生氏は成長ということを強調しているわけだが、それだけで財政状況を放っておけるのかという点」だと説明。

 また、安倍官房長官が11日の講演で、来年の参院選候補者の差し替えに言及し、中川政調会長も似たような考えを示したことについて「選挙というものは勝つために候補者の差し替えも過去にあった。しかし、自民党の候補者選びはそれぞれの地域の主体性があり、それを最大限引き出してこないとなかなか選挙に力が出ず、党勢も拡大しない。総裁がポンと(候補者を)送り込めばいいというものでもない」と述べた。

 [ロイター15日=東京]

 (06/09/15 15:40)  





■関連文章
  • ECB総裁、アジア途上国に為替の柔軟性拡大求める=独紙(06/09/09)
  • 9月G7、為替議論になるが中心にはならず=渡辺財務官(06/09/08)
  • G7では円の弱さや、人民元および中東問題など協議へ=独財務次官(06/09/07)
  • ポールソン米財務長官がアジアで国際デビュー、米中関係活性化めざす(06/09/06)
  • 金利高くなるすう勢、財政再建ゆっくりできない=谷垣財務相(06/09/05)
  • 自民総裁選、靖国参拝問題、方針が固めつつ=安倍・麻生・谷垣候補者(06/08/06)
  • 谷垣財務相が総裁選出馬を正式表明、小泉後継争いスタート(06/07/27)
  • 自民総裁選に出馬表明する谷垣財務相、安定感がある=小泉首相(06/07/27)
  • 消費税上げの具体化、08年度改正以降になる見通し(06/06/17)
  • 李下に冠を正さずとの言葉あり=村上F問題で谷垣財務相(06/06/15)
  • 日銀:景気回復が続き、量的緩和金融政策解除か(06/03/08)
  • 中共の対アフリカ資源外交、スーダン・アンゴラの石油に焦点(06/02/01)
  • 国際通貨基金、途上国の債権放棄(05/12/23)