印刷版   

9月8日、ソフトバンクの孫正義社長、10月から日本テレコム社長も兼務。昨年5月撮影(2006年 ロイター/Kimimasa Mayama)

ソフトバンクの孫正義社長、10月から日本テレコム社長も兼務

 ソフトバンク<9984.T>グループの固定通信会社である日本テレコムは7日、同社会長の孫正義ソフトバンク社長が10月1日付で社長兼最高経営責任者(CEO)に就任すると発表した。日本テレコムの倉重英樹社長は同社取締役として残るが、10月1日付でRHJインターナショナル(旧リップルウッド)に活動の拠点を移す。

 孫社長はグループの携帯電話会社ボーダフォン社長も兼務する。10月下旬には携帯電話番号継続制度の開始を控えており、今回の人事について、日本テレコム広報担当者は「グループのシナジーを最大化する」ことが狙いとしている。

[東京 8日 ロイター]

 (06/09/08 15:20)  





■関連文章
  • 日本テレコム、ウィニーで顧客情報152人分を流出(06/07/25)