【ベルリン便り】ベルリンの中心地で着物ショー

2006年09月20日 21時10分
 【大紀元日本9月20日】9月16日に、ベルリンの文化関係の催物が多く開かれる会場、ウラニアでベルリン在住、日本人女性有志による着物ショーが開かれた。内容は着物一般の紹介に始まり、紬や染付けなど用布の説明、浴衣・訪問着・振袖・留袖など種類の紹介、着付けの順序・帯結びの実演に至る盛りだくさんで専門的なもの。最近、日本でもあまり目にすることのない番傘や高歯の雨下駄、割烹着などレトロな小物も飛び出した。第2部は、地元で活躍の音楽家、豊田元子さんの伴奏でザイツ貴世さんが日本の歌を熱唱し、クリストあづささんがビオラを演奏して始まった。

 メンバーは、ベルリン在住31年というフイシュ三枝子さんと美容師の資格を持つシュミットあけみさんを中心に、ドイツで活躍する音楽家、美術家、日本語教師などで、半年ほど前から厳しい猛暑の夏も、着付けの練習を重ねたという。「母が買ってくれた着物を着るチャンスができて、うれしい」というメンバーも。フイシュ三枝子さんはドイツに来てから、日本の伝統を見直し、生け花や茶道、着物に関心を持つようになったと話す。

 着物ショーは今回で11回目、ベルリンや近隣都市などで行ってきた。今回のウラニアもほぼ満席に近い状態で、日本の着物に対する関心の高さをうかがわせる。「和服の色使いは本当に豊かで、時にハッとするような色の組み合わせがあるのに、よく調和が取れていますね。ベルリンでこんなに詳しく日本の伝統衣服について見聞できて、とても満足しています」と女性の観衆が感想を述べた。
ベルリンの着物ショーで(大紀元)


ベルリンの着物ショーで(大紀元)


(門脇)


関連キーワード
^