印刷版   

9月10日、中国人民銀行の周小川総裁、中国の経済成長は鈍化するとの見通し示す。6月撮影(2006年 ロイター/Claro Cortes IV)

中国経済成長は鈍化の見通し、流動性吸収を進める方針=人民銀行総裁

  中国人民銀行の周小川総裁は10日、中国の経済成長は年末にかけてと2007年に後退する可能性があると述べる一方、流動性吸収の対策をさらに進める方針を明らかにした。

 また記者団に対し、中国は徐々に為替の柔軟化を進める過程にある、と述べた。

 中国経済は、過小評価が指摘される為替相場を背景とした輸出と投資により、1995年以来過去最高ペースでの成長が続いている。

 同総裁は、11.3%となった第2・四半期の成長率について「やや高過ぎる水準で、鈍化のためにマクロ経済的な対策がいくつか講じられている」と述べた。

 その上で「今年後半、そしておそらくは来年の経済成長率はやや鈍化するとみている」と語った。

 中国は8月に過去4カ月で2度目の利上げを実施、公開市場操作で資金を流出させているが、預金準備率の引き上げにもかかわらず流動性は依然として高い、という。 

 同総裁は「流動性は依然として潤沢で、今後抑制をはかる方針だ。公開市場操作を拡大したり、預金準備率をさらに引き上げたり、方策は色々ある。経済指標をみながら検討したい」と述べた。

 今年再利上げがあるかどうかの質問に対しては「それを言うのは都合がよくない。最近のインフレは低水準にあるが、中銀は物価動向を注視する」と述べた。

 人民元の柔軟化については、国際的な為替相場といった点だけでなく、金融政策と国内需給の点からも検討されるべき、との考えを示したうえで「われわれは為替の柔軟化を徐々に進めており、人民元は上昇過程にある」と述べた。

[バーゼル 10日 ロイター]

 (06/09/11 10:59)  





■関連文章
  • 中国人民元が上昇、切り上げ以来初めて7.97元を上回る元高に(06/07/31)
  • 中国人民銀、人民元の上昇余地に関する中国紙報道を強く批判(06/07/31)
  • 中国人民銀行、8月15日から預金準備率を0.5%ポイント引き上げ(06/07/22)
  • 中国 “経済過熱”の冷却を開始(06/05/09)
  • 中国人民銀行、米国による通貨改革要求を拒否(06/02/25)
  • 人民元切り上げ、世界の市場反応(05/07/23)