印刷版   

ブルガリアとルーマニア、2007年1月にEU加盟

 欧州委員会は26日、ブルガリアとルーマニアに対し、2007年1月の欧州連合(EU)加盟を認めた。

 ただ、両国に対しては、EU補助金などを含む加盟国の権利を完全に得るまでに、達成しなければならない一連の改革を要求している。

 欧州議会でバローゾ欧州委員長は「ブルガリアとルーマニアの加盟は、欧州の再統合をもたらす歴史的な偉業になろう」と語った。

 EU首脳は10月に両国の加盟を承認する予定。フランス、ドイツ、デンマーク、ベルギーがまだ加盟条約を批准していないが、これが障害になる可能性は低いとみられる。

 EUにとって、両国の加盟は旧社会主義国家への第2次拡大となり、加盟国はこれで27カ国になる。

[ストラスブール(フランス) 26日 ロイター]

 (06/09/27 12:36)  





■関連文章
  • 駐ブルガリア中国外交官、剣で決闘、1人が危篤(06/09/12)
  • ロシア・ギリシャ・ブルガリア、黒海とエーゲ海結ぶ油送管建設計画で合意(06/09/05)
  • 鳥インフルエンザ、各地へ感染拡大(06/02/15)
  • ルーマニア:九評シンポジウム、中共の崩壊を分析(05/11/04)
  • 英国研究所:ルーマニアの鳥インフルエンザウイルス H5N1型と確認(05/10/15)
  • トルコで鳥インフルエンザウイルス、ロシアからの渡り鳥か(05/10/10)
  • 鳥インフルエンザウイルス:露、東欧に相次ぎ、欧州に拡散脅威(05/10/10)