印刷版   

NY市場サマリー(11日)

 
(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   117.59/62

       始値   117.37/40

   前営業日終値   116.96/98

ユーロ/ドル 終値   1.2694/95

       始値   1.2714/17

   前営業日終値   1.2672/73

30年債(2130GMT)    93*04.00(‐0*11.50)=4.9457%

前営業日終盤   93*15.50(+0*09.00)=4.9212%

10年債(2130GMT)    100*17.50(‐0*07.00)=4.8046%

 前営業日終盤 100*24.50(+0*04.00)=4.7768%

 2年債(2130GMT)    100*02.00(‐0*01.25)=4.8403%

     前営業日終盤 100*03.25(+0*00.25)=4.8194%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値         11396.84(+ 4.73)

   前営業日終値    11392.11(+60.67)

ナスダック総合

     終値         2173.25(+ 7.46)

   前営業日終値    2165.79(+10.50)

S&P総合500種指数

     終値         1299.54(+0.62)

   前営業日終値    1298.92(+4.90)

COMEX金(12月限)(ドル/オンス) 597.30(‐20.00)

     前営業日終値        617.30(‐ 7.60)

原油先物(10月限)(ドル/バレル)  65.61(‐0.64)

     前営業日終値         66.25(‐1.07)

CRB商品指数 (ポイント)   313.73(‐6.66)

     前営業日終値     320.39(‐3.22)

-------------------------------------------------------------------

 <為替> 円が下落。対ドルで2カ月ぶり安値圏に下落したほか、対ユーロでも軟化した。日本の年内の利上げ観測後退も圧迫された。

 トレーダーによると、7月の機械受注発表で圧迫されていた円は、欧州中銀(ECB)のシュタルク専務理事がECBの10月利上げを示唆したことで売りが加速した。専務理事発言で、ドルも対ユーロで下落。一方で商品価格が下落し、カナダドル、豪ドル、メキシコペソなど資源国通貨を圧迫した。

-------------------------------------------------------------------

 <債券> 下落。今週の大量の社債発行を前に、ポジション調整の売りが出た。

 ディーラーによると、今週予定されている約200億ドルの社債発行を前に、発行者や引受け機関が発行までの利回り上昇に対するヘッジから、売りを出している、という。

 またこの日は、原油先物価格が5カ月ぶり安値をつけ、エネルギー価格高が個人消費に打撃を与えるとの期待が一部後退した。

-------------------------------------------------------------------

 <株式> ほぼ変わらず。商品市況の下落を受けエネルギーや金属関連株が売られる一方、マイクロソフトなどハイテク株はしっかりの展開となった。

 シティグループは、ハードウエア・機器セクターの投資判断を「マーケットウエート」から「オーバーウエート」に引き上げた。これを受けテクノロジーセクターの先行きに楽観的な見方が広がった。

-------------------------------------------------------------------

 <金先物> 原油相場の大幅続落やドル高を眺めて思惑筋の売りやポジション調整の売

りが強まり、中心限月12月物は1オンス=597.30ドルと6月29日以来、約2カ

月半ぶりに600ドルの大台を割り込んで取引を終えた。前週末終値(617.30ドル

)比では20.00ドル安となり、これで4営業日続落(下げ幅は計49.60ドル)。

--------------------------------------------------------------------

 <原油先物> イラン核開発問題解決への期待や石油輸出国機構(OPEC)の生産量据え置き決定を受けて、供給懸念が後退し、続落した。

 米国産標準油種WTIの中心限月10月物は前日終値比0.64ドル安の1バレル=65.61ドルで引けた。中心限月の終値ベースでは、今年3月27日以来、約5カ月半ぶりの安値。



                           
[東京 12日 ロイター]


 (06/09/12 07:58)  





■関連文章
  • NY市場サマリー(7日)(06/09/08)
  • NY市場サマリー(6日)(06/09/07)
  • NY市場サマリー(5日)(06/09/06)
  • 日経平均が前日比で200円を超える大幅な上昇(06/09/04)
  • 東京外為市場・1日=ドル117円前半、米雇用統計前にポジション調整(06/09/01)
  • NY市場サマリー(31日)(06/09/01)
  • NY市場サマリー(30日)(06/08/31)
  • NY市場サマリー(29日)(06/08/30)
  • 米大学生、24時間2分の新記録でNY地下鉄の全駅制覇(06/08/25)
  • NY市場サマリー(23日)(06/08/24)
  • NY市場サマリー(17日)(06/08/18)
  • 06年の金の投資環境は好ましい=ワールド・ゴールド・カウンシル(06/08/17)
  • NY市場サマリー(16日)(06/08/17)
  • NY市場サマリー(15日)(06/08/16)
  • ニューヨーク・タイムズ紙:歴史の重要性、『中国の教訓』一書を推薦(06/08/16)