印刷版   

米原油先物は1バレル64ドル台に上昇、イラン核問題めぐるIAEA協議に注目

 米原油先物は、日本時間13日午後の取引で反発し、1バレル=64ドル台を回復した。イランの核開発問題をめぐる国際原子力機関(IAEA)理事会メンバーの話し合いが注目されているなか、ナイジェリア情勢悪化で供給懸念が再浮上したことが背景。

 米原油先物は12日、イランが核開発計画をめぐって態度を軟化させる兆しがでたことや、石油輸出国機構(OPEC)が生産枠を据え置いたことなどを材料に7日続落し、約半年間での最安値に低下した。

 13日0452GMT(日本時間午後1時52分)現在、米原油先物10月限は、12日のニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)終値比0.31ドル高の1バレル=64.07ドル。12日のNYMEXでは、3月22日以来の安値となる63.76ドルで取引を終えていた。

 13日に開催されるIAEA理事会では、問題の打開に向けた協議を支持する意見が大勢を占める公算。しかし、協議は慎重に進められるとも予想されている。

 [ロイター13日=シンガポール]

 (06/09/13 16:35)  





■関連文章
  • 米国務長官、イラン核活動の一時停止中に協議に応じる可能性残す(06/09/12)
  • イラン、協議開始後にウラン濃縮活動一時停止の可能性=EU外交筋(06/09/12)
  • イランの核開発停止や北朝鮮の6カ国協議復帰求める=ASEM議長声明(06/09/12)
  • イラン、2か月間のウラン濃縮停止を提案=EU外交筋(06/09/11)
  • 米財務省、イラン国営サデラト銀行に金融制裁(06/09/09)
  • イランが国連安保理決議に違反したと結論=6カ国高官協議(06/09/08)
  • イラン核問題、6カ国が制裁発動の可能性など協議へ(06/09/07)
  • 国際社会はイランが国連の要求を拒絶するのを静観できない=独首相(06/09/07)
  • イラン核めぐるイランとEUの協議が延期に=IAEA担当大使(06/09/07)
  • イランは核問題での交渉を希望、ウラン濃縮停止は拒否=国連事務総長(06/09/04)
  • ロシア、イランが期限内に核開発を停止しなかったことは遺憾と表明(06/09/01)
  • イラン、核開発を期限までに停止せず=IAEA(06/09/01)
  • イラン制裁めぐる協議を来週開始=米国務省報道官(06/08/31)
  • 女性初の民間宇宙旅行者にイラン系米国人実業家(06/08/28)
  • イランがペルシャ湾で潜水艦からミサイル発射、演習の一環で=国営TV(06/08/28)