印刷版   

対日関係改善が最重要課題=安倍新総裁誕生で中国外務省

 中国外務省スポークスマンは21日、安倍官房長官が自民党総裁に選出されたことを受け、対日関係の改善が中国にとって最重要課題だ、との認識を示した。

 同スポークスマンは、定例記者会見で「中国と日本の関係にとって、ファンダメンタルな政治的障害を取り除くことが緊急の課題だ。それは現時点の最重要課題だ」と述べた。

 さらに、靖国神社への参拝問題に触れ、日中関係が改善するのは「(日本が)歴史問題を適切に処理」した場合に限られると指摘、安倍氏がこの問題について立場を明確にするまでは、将来の日中関係について楽観できるかどうかはわからない、と語った。

[北京 21日 ロイター]

 (06/09/22 08:32)  





■関連文章
  • 日中関係の正常化に向け日本政府は行動を=中国国務委員(06/06/26)
  • 胡錦涛・国家主席、訪日ついて言及(06/06/13)
  • 日中民間関係の問題点および解決方法に関する思索(06/05/15)
  • 麻生外相:東アジアの安定、中共の国内問題処理能力が重要(06/05/06)
  • 中国外交部長、日中関係で日本指導者を批判(06/03/09)
  • 日本「大紀元」創刊五周年記念講演会、開催(06/02/28)
  • 新任中国大使、宮本雄二氏に(06/02/25)
  • 中共官僚とメディア、中国民衆の三階層からみた「2005年十大ニュース」(06/02/24)
  • 2月26日(日曜日)= 『大紀元時報』創刊五周年 記念講演会: 『中国共産党崩壊後の日中関係』-(06/02/15)
  • 中国軍事演習、仮想敵国は日本(05/10/07)
  • 日本脅威論?進む中国のファシズム化(05/08/14)
  • 選択され、操られている愛と憎しみ(05/06/24)
  • 米・国務次官補、日中関係に懸念を表明(05/06/02)
  • 中国副首相突然の帰国、 北京大規模の口蹄疫発生か?(05/05/25)
  • 中国の現状と日中関係(05/04/26)