印刷版   

税制抜本改正の議論、来年末から=安倍官房長官

 安倍官房長官は、NHK番組に出演し「(消費税を含め)抜本的な税制改正の議論を来年末からしなければならない」としながらも、消費税率引き上げ法案の国会提出については「その時の政治判断だ」との考えを示した。

 自民党税調では、来年末の税制改正論議で結論を出し、2008年の国会に提出するとの意見が出ていることに関し、安倍官房長官は09年に年金の国庫負担比率が引き上げられることを挙げ「新たな消費税ということを考えなければならない」とし、それまでに準備しておくべきとした。

[東京 8日 ロイター]

 (06/09/09 12:08)  





■関連文章
  • 皇室典範改正、冷静・慎重な議論が必要=安倍官房長官(06/09/06)
  • タウン・ミーティング・イン東京:「多様な機会のある社会」について対話=安部官房長官(06/07/27)
  • 自民党内の派閥、一致結束とはならない=総裁選で安倍官房長官(06/07/26)
  • 職責をしっかり果たすことに全力=自民総裁選で官房長官(06/07/24)
  • 自民東京ブロック大会に出席へ、目指す社会などを説明したい=安倍官房長官(06/07/20)
  • G8サミットの対北メッセージは大きな成果、追加措置も検討=官房長官(06/07/18)
  • 制裁視野の決議案採択すべきとの考えに変わりない=中ロの北朝鮮決議案で官房長官(06/07/13)
  • 中国は北朝鮮にしっかり働きかけを=対北制裁決議の採決延期で官房長官(06/07/11)
  • 北朝鮮のミサイル開発中止・廃棄・輸出停止を求める=官房長官(06/07/05)
  • 日本政府:平成17年度分の対中円借款、閣議決定先送り(06/03/24)