印刷版   

NY市場サマリー(31日)

(カッコ内は前営業日比、%は利回り)


ドル/円   終値   117.42/47

       始値   117.08/14

   前営業日終値   117.12/15

ユーロ/ドル 終値   1.2799/03

       始値   1.2850/54

   前営業日終値   1.2835/41

30年債(2130GMT)    94*03.50(+0*13.00)=4.8789%

前営業日終盤    93*22.50(+0*10.50)=4.9063%

10年債(2130GMT)    101*04.00(+0*06.00)=4.7317%

 前営業日終盤   100*30.00(+0*07.50)=4.7554%

 2年債(2130GMT)    100*05.25(+0*02.00)=4.7878%

     前営業日終盤   100*03.25(N/A)  =4.8211%

ダウ工業株30種(ドル)

     終値         11381.15(‐1.76)

   前営業日終値    11382.91(+12.97)

ナスダック総合

     終値         2183.75(‐1.98)

   前営業日終値    2185.73(+13.43)

S&P総合500種指数

     終値         1303.82(‐0.45)

   前営業日終値    1304.27(‐0.01)

COMEX金(12月限)(ドル/オンス) 634.20(+8.10)

     前営業日終値        626.10(+7.00)

原油先物(10月限)(ドル/バレル)  70.26(+0.23)

     前営業日終値         70.03(+0.32)

CRB商品指数 (ポイント)   329.02(+1.93)

     前営業日終値     327.09(‐1.36)

--------------------------------------------------------------------

 <為替> ドルは小幅高。この日発表された米経済指標はほぼ予想の範囲内となり、あす1日の雇用統計発表や4日のレーバーデーによる休場を控えたポジション調整が進んだ。

--------------------------------------------------------------------

 <債券> 続伸。弱めの経済指標のほか、バーナンキ連邦準備理事会(FRB)議長の講演での発言で、市場のインフレ懸念が和らいだ。

 債券相場は、FRBが賃金上昇により寛容な姿勢をとることも可能という趣旨の議長発言を受けて買われた。議長はその理由として、賃金上昇が生産性の伸びで相殺され、インフレへの影響が制限されるためだとした。

 インフレ指標のなかでもFRBの注目度が高いコア個人消費支出(PCE)価格指数の7月分が発表され、市場予想を下回った。8月のシカゴ地区購買部協会景気指数も低下し、ともにFRBが早期に利上げを実施する必要がないことを示唆した。

--------------------------------------------------------------------

 <株式>  小幅安。あす1日発表の8月の米雇用統計を控えて投資家が慎重になったことや、小売各社が発表した売上高が強弱まちまちとなったことが背景。

--------------------------------------------------------------------

 <金先物> イランの核開発問題をめぐる緊張の高まりを受けて「質への逃避」買いが入り大幅続伸、中心限月12月物は1オンス=634.20ドルと前日終値(626.10ドル)比8.10ドル高で終了した。

--------------------------------------------------------------------

 <原油先物> イランに対する制裁の可能性が一段と現実味を増したことから切り返し小幅続伸して引けた。米国産標準油種WTIの中心限月10月物の終値は前日比0.23ドル高の1バレル=70.26ドル。

(ロイター1日=東京)

 (06/09/01 08:37)  





■関連文章
  • NY市場サマリー(30日)(06/08/31)
  • NY市場サマリー(29日)(06/08/30)
  • 米大学生、24時間2分の新記録でNY地下鉄の全駅制覇(06/08/25)
  • NY市場サマリー(23日)(06/08/24)
  • NY市場サマリー(17日)(06/08/18)
  • 06年の金の投資環境は好ましい=ワールド・ゴールド・カウンシル(06/08/17)
  • NY市場サマリー(16日)(06/08/17)
  • NY市場サマリー(15日)(06/08/16)
  • ニューヨーク・タイムズ紙:歴史の重要性、『中国の教訓』一書を推薦(06/08/16)
  • NY市場サマリー(14日)(06/08/15)
  • NY市場サマリー(10日)(06/08/11)
  • NY市場サマリー(9日)(06/08/10)
  • NY市場サマリー(8日)(06/08/09)
  • NY市場サマリー(7日)(06/08/08)
  • スーダン・ダルフールの大量虐殺、中共が助長=NYT紙(06/08/07)