印刷版   

G7では世界経済の不均衡問題が焦点=英財務閣外相

 英国のボールズ財務閣外相は13日、インフレ圧力は高まってきており、世界経済の不均衡が依然懸念材料だと述べた。

 シンガポールでは今週末から7カ国財務相・中央銀行総裁会議(G7)や国際通貨基金(IMF)・世界銀行の秋季会合が開催される。

 ボールズ閣外相はロイターとのインタビューで、G7では世界経済の均衡をどのように回復するかが焦点になるだろうと指摘。「複数のリスクや脆弱性がある。原油高をはじめ、エネルギー価格の上昇が一部インフレ圧力につながっている。世界経済には不均衡が存在しており、明らかに懸念事項だ」と述べた。

 さらに「数年前は、主な脆弱性は新興国市場にあった。現在は大規模な先進国経済にしばしばこの問題がみられる」と述べた。

[香港 13日 ロイター] 

 (06/09/14 09:04)  





■関連文章
  • 不均衡問題は世界的リセッションを招く可能性=IMF専務理事=独紙(06/09/12)
  • 世界経済成長は07年も堅調、各国中銀はインフレ圧力注視すべき=ECB総裁(06/09/12)
  • 世界経済、4月以降下方リスク高まっている=IMF専務理事(06/09/09)
  • 06年の世界経済成長は5%程度に=IMF専務理事(06/09/06)
  • 中国経済に5つの課題、世界経済に悪影響も=米議会合同経済委員会(06/07/28)
  • [焦点]G8で原油高と世界的不均衡問題を協議、G7特別声明を再確認(06/06/12)
  • 原油高は将来、世界経済に一層の悪影響を及ぼす可能性=G8声明草案(06/06/09)
  • 日銀「量的緩和政策」を解除;中国通貨当局に警鐘(06/03/15)
  • 鳥インフルエンザ、世界経済に強い衝撃を与える可能性(05/10/24)
  • 金融専門家: 鳥インフルエンザ 世界経済に強いダメージ(05/08/22)