印刷版   

強いドルは非常に好ましい、ドルの価値は市場で決められるべき=米財務長官

  ポールソン米財務長官は8日、強いドルに対する支持を表明するとともに、ドルの価値は開かれた市場で決められるべきとの考えを示した。

同長官は当地の大学で講演した際、学生の質問に応じ、「強いドルを非常に好ましく思っている。なぜなら国益にかなうからだ」と述べた。

さらに、世界各国には貿易や投資の不均衡を是正する役割があると指摘、「いかなる国も自分だけでは問題を解決できない。それは共有の責任だ」と語った。

 各国が取るべき対策としては、米国は低水準の貯蓄率を引き上げ、日本と欧州は成長率を加速させ、東アジアと中国は為替の柔軟性を一段と高める必要がある、との考えを示した。

[ハノイ 8日 ロイター]

 (06/09/09 11:55)  





■関連文章
  • 米スペースシャトル、打ち上げ再延期(06/09/07)
  • 米高級住宅建設大手、住宅市場減速が長期化する可能性を指摘(06/09/07)
  • 米中、北朝鮮の核実験への警告について協議=ヒル国務次官補(06/09/06)
  • ブッシュ米大統領、運輸長官にピータース氏を指名(06/09/06)
  • 米インテルが1万0500人削減を発表(06/09/06)
  • 6カ国協議、北朝鮮復帰の兆候なし=ヒル米国務次官補(06/09/05)
  • 中国経済がハードランディングする可能性排除できず=米FRB議長(06/09/04)
  • 気功集団・中功創始者、米国で交通事故死(06/09/03)
  • 米投資家ウォーレン・バフェット氏、76歳の誕生日に再婚(06/09/01)
  • 男女比アンバランスが社会不安を招く=米科学アカデミー(06/08/31)
  • イラン制裁めぐる協議を来週開始=米国務省報道官(06/08/31)
  • ユーロ圏金融市場はECBの10月利上げを確実視(06/08/31)
  • 据え置き決定、追加利上げよりリスク低い=8月FOMC議事録(06/08/30)
  • 女性初の民間宇宙旅行者にイラン系米国人実業家(06/08/28)
  • 米国、対テロ先制攻撃に核弾頭搭載しないICBMの使用検討(06/08/28)