印刷版   

対北朝鮮の資金移転防止措置、国連で指定あれば対象を追加=財務次官

 藤井秀人財務次官は16日の定例記者会見で、国連安全保障理事会において北朝鮮に対する制裁措置が全会一致で採択されたことに関連し、国連で新たな規制対象者が指定された場合、日本の資金移転防止措置の対象に追加すると述べた。

 政府は今年9月に北朝鮮の弾道ミサイル発射を受けて15の金融機関・企業と1個人を対象とした金融制裁措置を決定している。藤井次官は、北朝鮮の核実験実施発表を受けた国連の制裁決議に伴って「安全保障理事会の制裁委員会で新たな規制対象者が指定された場合、これを日本の資金移転防止措置の対象に追加し、今回の決議の確実な実施を図っていきたい」との認識を示すとともに、「本規制は不断の見直しが必要だ」と語った。

 また、13日の財政制度等審議会において地方交付税の抑制について議論が行われたことについて「財政審の議論や基本方針2006(骨太の方針)などを踏まえて地方歳出について見直しを行い、それを通じて地方交付税の抑制に取り組んでいく必要があると思っている」との考えを示した。

[東京 16日 ロイター]


 (06/10/17 08:50)  





■関連文章
  • 米政府、北朝鮮の核実験を確認(06/10/17)
  • 北朝鮮の6カ国協議復帰、制裁終わらせるには不十分=駐日米大使(06/10/16)
  • 日米韓外相会談、19日を念頭に調整中=塩崎官房長官(06/10/16)
  • 北朝鮮制裁決議の貨物検査、大半は陸上で対処可=米国連大使(06/10/16)
  • 北朝鮮、国連制裁決議を拒否(06/10/16)
  • 北朝鮮制裁決議:中国の外交辞令に惑わされず、行動を注視すべき=米国シンクタンク(06/10/15)
  • ライス米国務長官、17─22日に日中韓を訪問へ(06/10/14)
  • 北朝鮮上空の大気サンプルから放射能を検出=米当局者(06/10/14)
  • 中韓は北朝鮮への「適切で必要な措置」を支持=韓国当局者(06/10/14)
  • 北朝鮮への国連制裁決議案をめぐる中国当局の策略(06/10/14)
  • 政府が北朝鮮制裁を閣議決定、14日から輸入・入港禁止(06/10/13)
  • 国連の北朝鮮制裁決議案、採択は14日の可能性(06/10/13)
  • ミサイル迎撃計画、前倒しで整備する考え=久間防衛庁長官(06/10/13)
  • 北朝鮮からの禁輸に伴う支援、内容踏まえ予算措置検討=財務次官(06/10/13)
  • 中国の温家宝首相と韓国の盧武鉉大統領、北朝鮮問題で13日会談(06/10/13)