体操=世界選手権、日本は団体2位・冨田が個人総合首位で決勝へ

2006年10月16日 17時23分
 体操の第39回世界選手権第2日は15日、当地で男子の団体総合予選を行い、日本が367・750点の2位で通過した。

 連覇を目指す中国が370・450点で首位通過。

 個人総合では冨田洋之が93・525点の首位で通過した。

 団体決勝は17日、個人総合決勝は19日に行われる。

[オーフス(デンマーク) 15日 ロイター]
関連キーワード
^