印刷版   

外国石油会社を排除する意向ない=ロシア大統領府高官

 ロシア大統領府高官は4日、同国政府は生産分与協定(PSA)に基づいた資源開発プロジェクトに参加している外資国際石油資本(メジャー)を排除する意向はないが、事業費の大幅な超過には同意しない、と表明した。

 この高官は記者会見で、サハリン沖の原油・天然ガス開発事業「サハリン2」の総事業費を200億ドルに倍増させるとする英蘭ロイヤル・ダッチ・シェルの要求について、特に懸念しているとした上で、「ロシア側がこの案に絶対に同意しないことは最初から明白だった」と語った。

[モスクワ 4日 ロイター]

 (06/10/05 08:04)  





■関連文章
  • EU、ロシアに対グルジア経済制裁の解除を要請(06/10/04)
  • ロシア、グルジアとの陸海空路を閉鎖=通信社(06/10/03)
  • ニューヨーク・タイムズ紙=国連における中国当局の影響力(06/10/02)
  • ロシア選管、プーチン大統領3選に道開く国民投票実施要請を却下(06/09/28)
  • ロシア当局、サハリン2の包括的環境調査を指示(06/09/26)
  • 「サハリン2」の環境に関する承認を取り消し=ロシア天然資源省(06/09/19)
  • 銃撃されたロシア中銀のコズロフ第1副総裁が死亡(06/09/15)
  • ロシア中銀第1副総裁が銃撃され重傷=インタファクス(06/09/14)
  • ロシア外相、中東和平国際会議の開催を呼び掛け(06/09/08)
  • ロシア環境監督当局、「サハリン2」の停止求め提訴(06/09/06)
  • ロシア・ギリシャ・ブルガリア、黒海とエーゲ海結ぶ油送管建設計画で合意(06/09/05)
  • ロシア、イランが期限内に核開発を停止しなかったことは遺憾と表明(06/09/01)
  • ロシア旅客機、ウクライナ東部で墜落(06/08/23)
  • モスクワの市場で爆発、7人が死亡=ロシア非常事態省(06/08/21)
  • 軍備技術情報漏洩、在日ロシア人を書類送検(06/08/20)