印刷版   

金が7週間ぶり高値、原油は59ドル割れ=30日の米商品市況

 30日の米国商品先物市場では、金が1オンス=610ドルを上回り、7週間ぶりの高値を付けた。一方、原油は2ドル下げて1バレル=59ドルを下回る水準。ヘッジファンドなどがエネルギーから貴金属に資金を移動させていることが背景。

 ロイター/ジェフリーズCRB指数終値は1.97%安の306.22。ゴールドマンサックス商品指数終値は3%安の5730.06。

 COMEX金先物12月限は、一時1オンス=613.20ドルと9月11日以来の高値を付けた後、ドル高と原油安を背景に押し戻され6.40ドル高の607.40ドルで終了。

 ソシエテ・ジェネラル(ニューヨーク)の商品投資ヘッジファンド責任者、マイク・グイド氏は「金先物が12月に602ドルを上回る水準を維持できれば、さらに新たな買い機運がやってくるだろう」と述べた。

 米原油先物は、投資家がその他の商品先物に資金を移し、石油輸出国機構(OPEC)加盟国が供給削減を実施するどうかを見守るなか、一時約4%安となった。

 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の原油先物は2.39ドル下落して1バレル=58.36ドルで終了。

 OPEC加盟国が10月に供給削減方針を示したことについて、米原油相場に与える影響を見極めるには、11月下旬または12月初旬まで待つ必要がある。

 バンテージ・エナジー・ヘッジファンドのエリック・シンプソン氏は「OPEC加盟国が本気で減産するのであれば、相場はある程度サポートを得られるだろう」とした上で、「減産に本気でなければ、もう少し下げて50ドルを下回る可能性がある」と指摘した。

 [ニューヨーク 30日 ロイター]

 (06/10/31 13:43)  





■関連文章
  • 9月の中国の原油輸入量、前年比+24%=税関当局(06/10/30)
  • イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相(06/10/28)
  • OPEC減産、需要低下につながる可能性ある=米大統領(06/10/24)
  • サウジアラビア、日本の製油会社に供給削減を通告=業界筋(06/10/23)
  • OPECの減産決定、時期的に非常に悪い=IEA事務局長(06/10/21)
  • 米原油先物が59ドル台に上昇、OPEC追加減産観測で=時間外取引(06/10/20)
  • OPEC、日量120万バレルの減産で合意=OPEC代表筋(06/10/20)
  • 豪カンタスが利益見通しを上方修正、市場環境の改善で(06/10/19)
  • 中国、戦略的原油備蓄の充てん開始=国家発展改革委・副主任(06/10/17)
  • OPECが19日に会合、減産を協議へ(06/10/16)
  • 07年世界原油需要の増加予想、再び引き下げ=IEA月報(06/10/12)
  • サハリン1、本格的な原油輸出開始は1─2カ月後に延期の見込み(06/10/12)
  • OPEC減産は原油先物を押し上げる可能性高い=米EIA局長(06/10/11)
  • 欧州株式市場が下落して始まる、北朝鮮の核実験を嫌気(06/10/09)
  • 一部加盟国が原油輸出削減へ=OPEC事務局長代行(06/09/29)