印刷版   

10月5日、石油輸出国機構(OPEC)筋、在庫次第で12月14日の総会で減産幅を拡大する可能性を示唆。写真はウィーンのOPEC本部。9月撮影(2006年 ロイター/Leonhard Foeger)

OPEC、在庫次第で12月14日の総会で減産幅を拡大する可能性=関係筋

 石油輸出国機構(OPEC)筋は5日、石油在庫の増加が続いた場合、OPECがすでに合意した日量100万バレルの減産に加え、12月14日のOPEC総会で追加減産を決める可能性がある、との見方を示した。

 同筋は「すべては石油在庫の増加が続くかどうかに左右される。市場の状況を非常に注意深く見守っている」と述べた。

[ロンドン 5日 ロイター]

 (06/10/06 08:14)  





■関連文章
  • OPECが生産枠据え置き、年内減産の可能性に含み(06/09/12)
  • BP操業停止による供給不足、サウジ他加盟国で補うことが可能=OPEC筋(06/08/08)