印刷版   

10月14日、石油輸出国機構(OPEC)は、日量100万バレルの減産について協議するため、19日にカタールで会合を開く見通し。写真は、OPECのダウコル議長。7月撮影(2006年 ロイター/Caren Firouz)(ロイター)

OPECが19日に会合、減産を協議へ

 石油輸出国機構(OPEC)は、日量100万バレルの減産について協議するため、19日にカタールで会合を開く見通し。OPECのダウコル議長が14日明らかにした。

 同議長は、ロイターの電話取材に対して、原油価格は7月以来20%下落し、1バレル=60ドルを割り込んでいると指摘したうえで、OPECは「破壊的な」価格の下落を阻止するため、今すぐ措置を講じなければならない、と語った。

 また、加盟国の間では、過去12カ月間の実際の平均生産水準を軸に減産を行うべきだとの意見でほぼ一致している、と述べたうえで、この水準はOPECの現在の生産枠である日量2800万バレルに近いと指摘した。

 同議長は「今が措置を講じる時だ。原油価格の下落がどこまで進むか分からない」との考えを示した。

[ラゴス 14日 ロイター] 

 (06/10/16 10:32)  





■関連文章
  • OPEC減産は原油先物を押し上げる可能性高い=米EIA局長(06/10/11)
  • 欧州株式市場が下落して始まる、北朝鮮の核実験を嫌気(06/10/09)
  • OPEC、在庫次第で12月14日の総会で減産幅を拡大する可能性=関係筋(06/10/06)
  • 一部加盟国が原油輸出削減へ=OPEC事務局長代行(06/09/29)
  • 米原油先物が下落、半年ぶりに1バレル60ドルを割り込む=時間外取引(06/09/25)
  • 原油が半年ぶりの62ドル割れ=19日の欧米商品市況(06/09/20)
  • G7が開幕へ、米景気減速や原油価格・保護主義の高まりなどを議論(06/09/16)
  • 米原油先物が73ドル台に反落、イスラエル・レバノン停戦合意などで(06/08/14)
  • 持続的な景気回復のため金融面から経済支援を=日銀決定会合で谷垣財務相(06/07/14)
  • 米著名投資家:原油価格は1バレル100ドル超に上昇へ(06/07/07)
  • 原油価格はユーロ圏経済・インフレ双方にリスク=オーストリア中銀総裁(06/07/06)
  • 原油価格、イラン軍事紛争化なら3倍に上昇も=駐米サウジ大使(06/06/21)
  • OPEC、下半期のOPEC原油需要見通しを上方修正(06/06/20)
  • 原油価格が40―45ドルを下回ることはない=イラク石油相(06/06/10)
  • 米フロリダ州シンポジウム:中共の台湾侵攻はあり得るのか(06/03/31)