印刷版   


イランの原油輸出は日量17.6万バレル減少へ=石油相

 イランのカゼム・バジリハマネ石油相は27日、石油輸出国機構(OPEC)が決めた減産に従うため、イランからの原油輸出は日量17万6000バレル減少する、との見通しを示した。イラン学生通信(ISNA)が伝えた。

 同石油相は、日量17万6000バレルという数字について、国内の消費量と実際の生産量を考えた上でのもの、とした。

 [テヘラン 27日 ロイター]

 (06/10/28 14:38)  





■関連文章
  • 再送:イランが2基目のウラン濃縮装置を設置、今週中にウラン注入へ=通信社(06/10/26)
  • イランの核兵器開発、2015年頃になると予測=独情報当局(06/10/25)
  • イラン、ウラン濃縮用の新たな遠心分離機を稼動=外交筋(06/10/24)
  • OPEC減産、需要低下につながる可能性ある=米大統領(06/10/24)
  • サウジアラビア、日本の製油会社に供給削減を通告=業界筋(06/10/23)
  • OPECの減産決定、時期的に非常に悪い=IEA事務局長(06/10/21)
  • 米原油先物が59ドル台に上昇、OPEC追加減産観測で=時間外取引(06/10/20)
  • OPEC、日量120万バレルの減産で合意=OPEC代表筋(06/10/20)
  • イランと北朝鮮の核開発は世界平和への脅威―独外相=雑誌(06/10/19)
  • 西側による制裁の脅し、「心理戦」の一種=イラン外務省(06/10/16)
  • OPECが19日に会合、減産を協議へ(06/10/16)
  • 核開発の権利を放棄しない─ハメネイ師=イラン国営テレビ(06/10/11)
  • OPEC減産は原油先物を押し上げる可能性高い=米EIA局長(06/10/11)
  • イラン、国際石油開発の権益削減で補償金支払う意向ない=石油相(06/10/10)
  • 国際石油、アザデガン油田権益が10%へ大幅低下=操業権も失う(06/10/08)