印刷版   


イランの核兵器開発、2015年頃になると予測=独情報当局

 ドイツ連邦情報局(BND)は24日、イランが2015年よりも前に核爆弾を開発できるようになる可能性は低い、との見方を示した。

 BNDの局長は、安全保障関連の会議で「はっきりした時期を特定するのは困難」としながらも「現在のウラン濃縮ペースでは、イランが2010年までに核兵器を開発するのに十分な、高度に濃縮されたウランを保有することはない。核爆弾(開発)は2015年くらいと予測している」と語った。

 [ベルリン 24日 ロイター]

 (06/10/25 13:26)