印刷版   

中国工商銀行、香港市場で公開価格から18%急伸

 世界最大の新規株式公開(IPO)を通じて190億米ドルを調達した中国工商銀行(601398.SS: 株価, 企業情報, レポート)(1398.HK: 株価, 企業情報, レポート)[ICBC.UL]が27日、香港と上海に同時上場し、香港取引所の午前の取引で公開価格から18%急伸した。IPOに対する投資家の需要が極めて強かったことから、この日の取引では公開価格からの大幅な上昇が予想されていた。

 工商銀行株は香港市場の寄り付き直後に3.63香港ドルの高値を付けた。公開価格は3.07香港ドルだった。 

 また、上海証券取引所に上場された工商銀のA株(601398.SS: 株価, 企業情報, レポート)は朝方の取引で、公開価格(3.12元)を9%上回る3.40元の初値を付けた後、3.44元まで上昇した。

[香港/上海 27日 ロイター]

 (06/10/27 14:16)  





■関連文章
  • 中国工商銀行、世界最大のIPOで総額219億米ドル調達へ(06/10/23)
  • 中国工商銀の香港・上海上場、全体の75%強は香港=関係筋(06/09/24)
  • アップル、新型「iPod」を発表(06/09/13)
  • 中国工商銀行の上海・香港上場、規制上の障害はない=証券監督当局(06/09/11)
  • 中国CNPC、露ロスネフチIPOで最大30億ドル出資も(06/07/04)
  • 英紙:アップル社iPod中国生産工場の労働者搾取を指摘(06/06/16)
  • 教育への活用が進むiPod(06/04/07)
  • 米議会議員、中国投資の潜在的危険性を警告(05/08/30)