印刷版   


米国のコミットメント、いかなる状況でも堅持されると確認=麻生外相

 麻生太郎外相は18日、ライス米国務長官との日米外相会談後の共同会見で、きょうの会談では、日本防衛のための米国のコミットメントは、日米安保体制の下でいかなる状況でも堅持されることがあらためて確認されたと述べた。

 麻生外相は、日本と地域の安定のためには、日米安保体制が不可欠との認識を表明したうえで、「ライス長官とは、日米安保体制のもとでの米国の日本防衛のためのコミットメントは、いかなる状況でも堅持されることをあらためて確認した」と語った。 また、北朝鮮に対する国連安全保障理事会の制裁決議について「措置の速やかな実施のため、日米が協調して行動し、関係国にともに働きかけていくことで一致した」とし、北朝鮮に対して「効果的な圧力をかけつつ、常に対話の窓は開けておく所存だ。さらなる事態の悪化を招くいかなる行動をも慎むように最大限の自制を求める。直ちに6者会合に復帰するように呼びかけたい」と語った。

 こうした取り組みによって「北朝鮮の核、ミサイル、拉致(らち)問題の包括的な解決に向けて日米で緊密に連携していくことで意見が一致した」という。

 国連決議に基づいて実施する北朝鮮に出入りする船舶への検査に関し、麻生外相は「事務レベルでつめなければならないところがあり、協議していくこととなった。今から細目をつめる」ことを明らかにした。

 さらに麻生外相は、北朝鮮が核実験を発表したことによって、日本も核保有に踏み出すのではないかとの懸念に対し「今、日本として新たに核武装を用意するとの政府の立場は全くない。核武装の必要がないということは、いわゆる日本の防衛のために日米安全保障条約が確実に作動するというリコンファメーション(再確認)がライス長官からなされたと理解していい」と語った。

 [東京=18日 ロイター]

 (06/10/18 22:40)  





■関連文章
  • 郵政造反議員の自民復党に容認姿勢、新内閣誕生を機に=麻生外相(06/08/24)
  • 麻生外相が自民総裁選出馬表明、政策減税による経済成長に力点(06/08/21)
  • 中共の対日戦略、自国民を欺く「靖国問題」(06/08/14)
  • 自民総裁選、靖国参拝問題、方針が固めつつ=安倍・麻生・谷垣候補者(06/08/06)
  • ASEAN地域フォーラム夕食会で各国外相が芸を披露(06/07/29)
  • イランは核問題包括的見返り案への正式回答示す時期=米国務長官(06/07/11)
  • インタビュー:北朝鮮制裁の具体的措置を検討=麻生外相(06/06/22)
  • 日米、「テポドン2号」発射中止を要求、経済制裁、安保理開催も(06/06/19)
  • 兵庫・芦屋:パネルディスカッション、憲法9条で日本を守れるか(06/05/14)
  • 麻生外相:東アジアの安定、中共の国内問題処理能力が重要(06/05/06)
  • 在日米軍の再編が決定、中共の軍事拡大を牽制(06/05/03)
  • 麻生外相:「日本は民主的な中国を待望する」(06/03/14)
  • 駐日米海軍司令官、日米同盟の重要性を強調(06/02/19)
  • 麻生外相、対北経済制裁を視野に(06/02/12)
  • 麻生外相、「李登輝氏の訪日は問題ない」(06/01/21)