印刷版   


OPECの減産決定、時期的に非常に悪い=IEA事務局長

 国際エネルギー機関(IEA)のマンディル事務局長は20日、北半球の国々が冬場に向かいエネルギー需要が今後ピークを迎えるなか、石油輸出国機構(OPEC)の減産決定は時期的に非常に悪いとし、需給ひっ迫リスクへの懸念を示した。

 マンディル事務局長は、ロイターに対し「恐らく減産には最悪の時期」と指摘。「冬場の暖房が必要な時期に向かっている。依然として供給面で大きなリスクがある」と述べた。

 事務局長は、OPECが現在の価格水準を維持したい意向を示唆したことに懸念を示し、現在の水準は依然として非常に高いとの見方を示した。また減産で、エネルギー供給の多様化およびエネルギー効率の向上が一段と求められると指摘した。

 OPECは20日、日量120万バレルの減産で合意した。

  [ロンドン 20日 ロイター]

 (06/10/21 15:21)  





■関連文章
  • 米原油先物が59ドル台に上昇、OPEC追加減産観測で=時間外取引(06/10/20)
  • OPEC、日量120万バレルの減産で合意=OPEC代表筋(06/10/20)
  • OPECが19日に会合、減産を協議へ(06/10/16)
  • OPEC減産は原油先物を押し上げる可能性高い=米EIA局長(06/10/11)
  • 一部加盟国が原油輸出削減へ=OPEC事務局長代行(06/09/29)
  • アラスカとナイジェリア油田の供給問題、今は対処可能=IEA(06/08/11)
  • 世界の石油需要、中国・インドの伸びで加速=IEA中期見通し(06/07/13)
  • OPEC、下半期のOPEC原油需要見通しを上方修正(06/06/20)
  • 原油価格が続落:3ヶ月ぶり最安値を更新(05/11/14)
  • 石油輸出国機構が現在の生産枠を維持する予定(05/03/17)