印刷版   

消費税は全体の税制改革の中で議論=安倍首相

 安倍晋三首相は2日午後、衆院本会議で就任後初めての代表質問に臨んだ。冒頭、民主党の鳩山由紀夫幹事長が首相の所信表明演説で「消費税は逃げず、逃げ込まず」としたことについて聞かれたが「改革を徹底してもなお対応しきれない社会保障や少子化などに伴う負担増について,

 安定的な財源を確保するため、抜本的、一体的な税制改革を推進し、将来世代への負担の先送りを行わないようにする」と述べるにとどめた。また、党首討論の実施については「きわめて重要な機会だ」としながらも、国会運営について「与野党で協議してほしい」とかわした。

[東京 2日 ロイター]

 (06/10/02 15:39)  





■関連文章
  • 経済財政諮問会議にはふさわしい人を選びたい=安倍首相(06/09/29)
  • 安倍首相と韓国大統領、早期に会談することで一致(06/09/28)
  • ブッシュ米大統領と緊密な日米関係維持を確認=安倍首相(06/09/28)
  • 試される安倍氏の手腕、財務省内には減税先行に懸念も(06/09/21)
  • 消費税、基礎年金国庫負担上げ財源としての位置づけを検討=政府税調会長(06/09/12)
  • 香港特区政府、消費税導入を正式発表(06/07/18)
  • 将来消費税の増税を提案せざるをえない時が来る=谷垣財務相(06/06/24)
  • 消費税上げの具体化、08年度改正以降になる見通し(06/06/17)
  • 社会保障の安定財源確保、消費税の目的税化を示唆=財政審の論点整理(06/06/15)
  • インタビュー:消費税上げざるを得ず=自民参院幹事長(06/06/12)
  • 中共政権、4月から新消費税を始動(06/03/25)