印刷版   

サハリン1、本格的な原油輸出開始は1─2カ月後に延期の見込み

 ロシア・サハリン沖の原油・天然ガス開発事業「サハリン1」を手がける米エクソンモービル(XOM.N: 株価, 企業情報, レポート)などコンソーシアムは、本格的な原油輸出の開始が1─2カ月後に延期されるとの見通しを示した。新たに建設されたデカストリ原油輸出基地について、ロシア当局の検査完了を待つという。

 また、日量25万バレルの本格的な原油生産の開始についても、当初予定の2006年末から07年第1・四半期に延期される可能性があるという。

[ノグリキ(ロシア) 11日 ロイター]

 (06/10/12 07:42)  





■関連文章
  • ロシア国防相が北朝鮮核実験を非難、武力行使は望まず(06/10/11)
  • 「反プーチン」ロシア人記者、自宅マンションで射殺体で発見される(06/10/09)
  • プーチン政権批判で知られるロシアのジャーナリスト、射殺される(06/10/08)
  • ロシア女性、脳部被弾後に特殊技能が出現(06/10/06)
  • 蘭ガスニー、バルト海パイプライン建設事業参加へ(06/10/05)
  • 外国石油会社を排除する意向ない=ロシア大統領府高官(06/10/05)
  • EU、ロシアに対グルジア経済制裁の解除を要請(06/10/04)
  • ロシア、グルジアとの陸海空路を閉鎖=通信社(06/10/03)
  • ニューヨーク・タイムズ紙=国連における中国当局の影響力(06/10/02)
  • ロシア選管、プーチン大統領3選に道開く国民投票実施要請を却下(06/09/28)
  • ロシア当局、サハリン2の包括的環境調査を指示(06/09/26)
  • 「サハリン2」の環境に関する承認を取り消し=ロシア天然資源省(06/09/19)
  • 銃撃されたロシア中銀のコズロフ第1副総裁が死亡(06/09/15)
  • ロシア中銀第1副総裁が銃撃され重傷=インタファクス(06/09/14)
  • ロシア外相、中東和平国際会議の開催を呼び掛け(06/09/08)