中国臓器狩り:英BBC臓器移植病院潜入取材、当局が「捏造」批判

2006年10月13日 09時52分
 【大紀元日本10月13日】英国BBCテレビ放送局は9月27日、駐北京BBC記者が、移植患者の家族を装い、中国・天津市第一中心医院の潜入取材の模様を放送、臓器移植は中国では巨大産業と化している実態を伝えた。一方、中国当局の政府メディア新華ネットは10月10日、中国衛生部の報道官の発言を引用し、「一部の海外メディアは、わが国の臓器移植の医療活動を報道する際に、情報を捏造し、悪意にわが国の司法制度を攻撃している」とメディアの名前こそ明らかにしなかったが、今回のBBCの報道を暗に批判した。

 BBCの報道はBBCラジオ放送およびBBCニュース中国語版インターネットでも、トップとして報道された。報道の中で、BBCの記者は、父親が肝臓移植を必要としている一般人を装い、天津市第一中心医院を訪れた。病院側から、適合する肝臓の手配は約3週間を要するとし、肝臓移植に掛かる全費用は約94,400米ドル(約1100万)で、臓器の出所は死刑囚であるとの説明を受けた。

 営業担当と思われる男性も登場し、日本語でインタビューを受け、死刑囚の臓器を再利用することは、社会貢献であり、良いことであるとの見解を示した。この男性は、死刑囚を処決する時期は10月1日の国慶節の前がピークであるため、病院側は提供臓器の過剰現象まで現れたと示唆、死刑囚の臓器は通常外国患者へ販売していると伝えた。

 一方、中国当局の政府メディア新華社のホームページ「新華網」では10月10日、中国衛生部の報道官の発言を報じた。

 この報道官は、「一定の影響を持つある海外メディアの記者が患者の家族と扮し、中国のある病院で状況の調査を行ったと称しているが、その記者は、虚偽な人物を捏造、作り上げた発言を報じ、中国での臓器移植に深刻な問題が存在するとの結論を出した。非常に無責任な報道である」と非難した。また、その記者は放送の前日に、この報道官を独占取材し、中国で臓器移植の管理法を実施した後の状況などについて、説明を受けたと述べ、この海外メディアの報道の中で、この内容について触れなかったと強く批判した。

 

関連キーワード

関連特集

^